02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

探してみた 

【スキドレZero】で使えそうな水属性モンスターを探してみた。
スキドレと相性がいいカードというわけではなく、スキドレ下でもアタッカーとして使えそうなカードをチョイス。

E・HERO オーシャン 星4 1500/1200
1ターンに1度だけ自分のスタンバイフェイズ時に発動する事ができる。
自分のフィールド上または墓地から「HERO」と名のついたモンスター1体を持ち主の手札に戻す。

単に水属性のHEROということで、スキドレ中でなければ【オーシャンビート】みたいな戦い方で。
こいつはプリズマーで落とせるのがでかいよね。

アビス・ソルジャー 星4 1800/1300
水属性モンスター1体を手札から墓地に捨てる。
フィールド上のカード1枚を持ち主の手札に戻す。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。

コストも用意しにくいだろうけど、攻撃1800と高く普通にアタッカーとして。

憑依装着?エリア 星4 1850/1500
自分フィールド上の「水霊使いエリア」1体と水属性モンスター1体を墓地に送る事で、手札またはデッキから特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した場合、以下の効果を得る。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

嫁。なんて戯言はほっといて。
このデッキじゃ貫通効果は付けられないでしょうし、普通にアタッカーとしてでしょうか。ステータスも高いし。

ハイドロゲドン 星4 1600/1000
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキから「ハイドロゲドン」1体を特殊召喚する事ができる。

スキドレ発動下じゃまったく意味のないモンスターです。発動前なら高速で水属性を揃えられます。

ブリザード・ドラゴン 星4 1800/1000
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択する。選択したモンスターは次の相手ターンのエンドフェイズ時まで、表示形式の変更と攻撃宣言ができなくなる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

アビスと同じ扱いで。効果は使えたらいいな程度の認識。

コアキメイル・アイス 星4 1900/1200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、手札の永続魔法カード1枚を相手に見せる。または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
手札を1枚墓地へ送る事でフィールド上に存在する特殊召喚時されたモンスター1体を破壊する。

普通に強いです・・・が、難点が2つ。維持効果はスキドレじゃ消えません。あと、永続魔法って何入れろと。苦痛・禁止令でも使いますか。【フロフレロケット】ならキャノンでどうにかなるんですが。

あとは熊母とガンナードラゴン入れてバルバUrなんてのも面白そうですね。オーシャンのサーチもできるし。
スポンサーサイト
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ロケットラゴ+ 

要望があったので新しい方の【ロケットラゴ】のレシピ置いときます。

■モンスター21枚(上級7、下級14)
3 トラゴエディア
1 ダーク・アームド・ドラゴン
1 冥府の使者ゴーズ
2 邪帝ガイウス
3 ヴォルカニック・ロケット
3 ヴォルカニック・バレット
1 魔導戦士 ブレイカー
1 N・グラン・モール
1 ダーク・スプロケッター
1 ゾンビキャリア
3 サイバー・ヴァリー
1 黄泉ガエル

■魔法16枚
2 貪欲な壺
1 大嵐
1 死者蘇生
1 洗脳?ブレインコントロール
3 精神操作
2 ワン・フォー・ワン
1 ブレイズ・キャノン
1 サイクロン
2 おろかな埋葬
2 D・D・R

■罠3枚
1 激流葬
1 サンダー・ブレイク
1 聖なるバリア?ミラーフォース?

相手のモンスターをトラゴや操作で奪って、ヴァリーでおいしく頂きます。ヴァリーは141から特殊召喚できるので、召喚権を残したままドロー可能。
使ってて楽しいデッキでした。
強さで言ったら昔の方が強いと思いますが、新【ロケットラゴ】もまだまだ強くできると思います。


ここからいつも通りに。
【ディーヴァZero】、メインのHEROがディフェンドのみなので先に引くとかなりマズイんですよね。
サイバー抜いて青血でも入れてみます。トラゴの星8要員・誘惑除外にも使えますし、モンスターも揃いやすいんで。偵察者リバース+エアー召喚でOKです。

次に、新しいZero作ります。
【スタンZero】
水属性にハイドロゲドンを採用、収縮・月書等のサポートでZero召喚前も十分戦えるように。
この環境でトップに残ることは難しいと思いますが、弱くはないと思います。
【スキドレZero】
スキドレと相性のいいアナザーをHEROの軸にバルバやライオウ、オネストも採用。スキドレ発動中はZeroの攻撃上昇効果はなくなるものの破壊効果は無効にされないので問題なし。神宣・賄賂で場をコントロールしつつバルバ・Zeroで高威力ダメージが見込めるデッキ。聖杯も入れて6枚態勢ってのもアリかな。
難がひとつ・・・、スキドレと相性のいい水属性っていたっけ?

どっちも面白そう。【スキドレZero】は今の環境でも十分いけそうですよね。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

もうひとつ、【ディーヴァZero】 

さっきのはZeroとグングニールの共存をテーマに作ってたデッキですが、今度のはディーヴァを使ったガチのZeroデッキです。今話題の【ディーヴァシンクロ】を参考に作ってみました。

【ディーヴァZero】

■モンスター21枚(上級6、下級15)
3 トラゴエディア
1 ダーク・アームド・ドラゴン
1 冥府の使者ゴーズ
1 サイバー・ドラゴン
1 E・HERO エアーマン
1 D?HERO ディフェンドガイ
3 墓守の偵察者
1 墓守の番兵
3 深海のディーヴァ
1 シー・アーチャー
1 クリッター
1 ジャンク・シンクロン
1 サイコ・コマンダー
1 クレボンス
1 ゾンビキャリア

■魔法16枚
2 簡易融合
1 大嵐
1 緊急テレポート
1 サイクロン
1 死者蘇生
1 洗脳?ブレインコントロール
1 増援
1 ハリケーン
2 貪欲な壺
3 ミラクル・フュージョン
2 闇の誘惑

■罠3枚
1 激流葬
1 死のデッキ破壊ウイルス
1 聖なるバリア?ミラーフォース?

戦い方は以下の通り、
簡易融合でセイラー出してディーヴァとシンクロでDDB、墓地のセイラーとディーヴァをミラクルでZeroに、あとはディーヴァから連れてきたアーチャー。
あとは簡単、DDB2600+Zero3000+アーチャー1200=戦闘ダメージ6800、DDB1400+Zero1600+アーチャー600=3600、全ての合計が10200と1KILLですね。先にZeroを飛ばしてからでも計7200と致死量のダメージです。緊テレからクレボンス出したり、もっかいZero出せば勝ちですね。

墓守の採用はさっきとほぼ同じ理由。

ジャンクはディーヴァ、クレボンス、キャリアと釣れるモンスターも多いので採用。偵察者が増えた後なら星7と星6のシンクロが揃います。その場合はもちろんDDBとゴヨウですよね。DDB2600+ゴヨウ2800の戦闘に加え、射出でDDB1400+ゴヨウ1200の合計8000ちょうど。恐ろしいですね。

簡易2なのはエクストラを圧迫させないよう。誘惑が入ってるのもドロー促進のため。

HEROの用意はメインデッキに2枚、エクストラにセイラー2枚のZeroが3枚あるんで多分大丈夫でしょう。

【氷結Zero】とはサイドチェンジで作れるので入れ替えも簡単です。
強さで言ったら間違いなくこっちが上でしょうか。

遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

手直し 

ちょっと組み直してみました。

■モンスター24枚(上級7、下級17)
3 トラゴエディア
2 D?HERO Bloo?D
1 ダーク・アームド・ドラゴン
1 冥府の使者ゴーズ
1 E・HERO エアーマン
1 D?HERO ディフェンドガイ
3 墓守の偵察者
1 墓守の番兵
3 深海のディーヴァ
2 シー・アーチャー
1 魂を削る死霊
1 マシュマロン
1 クリッター
1 サイコ・コマンダー
1 クレボンス
1 ゾンビキャリア

■魔法13枚
1 大嵐
1 緊急テレポート
1 サイクロン
1 死者蘇生
1 洗脳?ブレインコントロール
1 増援
1 ハリケーン
3 貪欲な壺
3 ミラクル・フュージョン

■罠3枚
1 激流葬
1 死のデッキ破壊ウイルス
1 聖なるバリア?ミラーフォース?

うまく説明できないかもしれませんが、展開力を強化してみました。
偵察者の採用で更に硬くなりましたし、「展開力」「シンクロ方法」「デッキ圧縮」が強化されたと思います。守備2000でライオウにも崩されない部分が高評価ですね。貪欲も発動しやすくなりました。

青血の採用は偵察者、ディーヴァの展開力を利用して速攻召喚が可能。また、強力なシンクロモンスターが横暴する中、効果を無効にすることで反撃のチャンスを与えず一方的に攻めることが可能。トラゴの効果で星8モンスターを奪う時にも使えます。もちろんZeroの素材にも。

シンクロに関しては墓守を使うことで星6、星8にも対応しやすくなりました。

例)
ディーヴァ+アーチャー=星5
偵察者+ディーヴァ=星6
マシュ+ディーヴァ+ディーヴァ=星7
偵察者++ディーヴァ+ディーヴァ=星8
偵察者++ディーヴァ+アーチャー=星9

さっと挙げるだけでもご覧の通り。幅広いシンクロにも対応。偵察者、ディーヴァはどちらも無規制のカードなので手札に揃いやすいです。

しかし、シンクロの幅が広がったことによりエクストラの選択が難しい。先日の【氷結Zero】よりも難しい。
まぁ、足りないようならサイドにも回します。
-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

長い道程 

【氷結Zero】、やっとプロトタイプ完成まで来ました。長い道程でした。
                                   ↑「みちのり」。「どうてい」じゃないよ☆
いつ頃から考えてたかな。調べてみると2月5日にグングニールの効果が判明して、その日に組み合わせて作ってみよう的な事を言ってたみたい。そうすると、約2ヵ月経ったということですね。ギシルノドン登場の14日から数えても1ヵ月半が経過、今まで何やってんだろう・・・。
まぁ反省はこの辺にしておいて構築内容の方を

■モンスター22枚(上級6、下級16)
3 トラゴエディア
1 ダーク・アームド・ドラゴン
1 冥府の使者ゴーズ
1 サイバー・ドラゴン
1 E・HERO エアーマン
3 E・HERO アナザー・ネオス
3 深海のディーヴァ
2 シー・アーチャー
1 サイコ・コマンダー
2 クレボンス
1 魂を削る死霊
1 マシュマロン
1 クリッター
1 ゾンビキャリア

■魔法15枚
1 大嵐
1 緊急テレポート
1 サイクロン
1 死者蘇生
2 精神操作
1 洗脳?ブレインコントロール
1 増援
3 貪欲な壺
1 ハリケーン
3 ミラクル・フュージョン

■罠3枚
1 聖なるバリア?ミラーフォース?
1 死のデッキ破壊ウイルス
1 激流葬

これが【氷結Zero】プロトタイプです。
戦い方は非常に簡単。場持ちのいいクレボンス、死霊、マシュを先に召喚して、次のターンからシンクロ。
1Kill対策にやっぱりトラゴとゴーズ。
墓地が肥えやすいから貪欲で回収して手札増強。トラゴを使い回せるのはいいね^^

グングニールを出す手段は以下通り。

クレボンス+ディーヴァで呼んだアーチャー=ギシルノドン+ディーヴァ=グングニール
マシュor死霊+ディーヴァ=ギシルノドン+ディーヴァで呼んだディーヴァ=グングニール
トラゴも代用可

チューナーが多めなので精神操作も2枚投入。上のシンクロが出来ない場面や他のレベルをシンクロ召喚したいときとかに相手のモンスターを奪ってシンクロ。
緊テレ1に対してクレボンス2、コマンダー1なのはクレボンスの場持ちの良さを考慮して。
アーチャー2なのは事故回避のためってのもあるけど、Zero出すために1枚除外してもいいように。

HEROはエアーとアナザー3。アナザー3なのは「打点」「光属性」を重視して。ここには入ってないけど、カオスソーサラーも無理なく入れられるようにしてみた。サイバーもマシュも光だしね。

貪欲3なのは、いくら除外するからと言っても墓地が肥えるスピードが半端ないから。
マシュor死霊+ディーヴァ=ギシルノドン+ディーヴァ=グングニール
これだけでマシュ、ディーヴァ×2、ギシルノドンと4枚墓地に溜まるし、グングニールが墓地に行けば5枚溜まる。
腐りそうならブリュ、グングのコストにしてもいいし。

【ジェネクスZero】と比べるとピンポイントで墓地にHEROを溜められないけど、クレボンス、死霊、マシュの追加でさらに硬くなった気がします。
貪欲は発動タイミングが遅くなった誘惑って感じかな。
あと【ジェネクスZero】より特殊召喚封じに弱いです。ガイウスとかないし。サイドでなんとかしましょう。

ただ難点が・・・。「氷結Zero」ってキリンビールにあるんだよね。被った・・・。
おふざけはこれくらいにしといて、エクストラがかなり狭い。Zero3ギシル3グング3は確定でブリュ、ゴヨウも必須。星5、7出しやすいから選択肢にカタストル、黒薔薇、ダークダイブも。星8も出せなくないしスタダ、レモンはとりあえず。そうすると16枚になるから、貪欲での回収を考慮してギシル2グング2に変更。これで14枚、最後の1枚は星6、8の選択肢のどっちを増やそう。って感じです。
とりあえず今は

1 スターダスト・ドラゴン
1 レッド・デーモンズ・ドラゴン
2 氷結界の龍 グングニール
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 ダーク・ダイブ・ボンバー
1 氷結界の龍 ブリューナク
1 ゴヨウ・ガーディアン
1 フレムベル・ウルキサス
2 神海竜ギシルノドン
1 A・O・J カタストル
3 E・HERO アブソルートZero

こんな感じです。星8を増やすならギガンテックかな。

まだプロトタイプなんでこれから変わってくかもだけど基本はこんな感じ。
今まで考えてきた型との違いは、融合使った型と違ってハンドの消費が少なく、それに伴いトラゴも採用できました。簡易融合型との違いはエクストラにセイラー等を使わずに済んだことでしょうか。

最後に、今まで作った型と違って一番しっくりしてます。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

てぃんっ!! 

さっきの記事を書き終わった後になんですが、郵便が届いた。中身はオクで買ったギシルノドン3枚・・・。
こいつを見て、「ギシルノドンも水属性の星5か」とか思ってたら、てぃんときた。こいつは使えるんじゃないかと。
以前、試験用に作った【氷結Zero】にもギシルノドンが入ってましたが「出せるから入れた」程度だったんですよね。こいつ自身をギミックに取り込んだ構築にしたら結構いけるんじゃないかと思ったワケですよ。
こいつもディーヴァも水属性、Zero召喚には申し分なし、ディーヴァはデッキから持ってくる分ハンドに損はなく貪欲とも相性がいい。ハンドに損がないと言うことはトラゴとも相性がいい。貪欲で墓地調整が楽だからダムドも使いやすいし、HEROを使う点は黄泉+ディーヴァ+海竜族と展開力を活かし青血とかも。ジャンク、デブリでディーヴァ釣れるし、そうするとHEROで星2攻撃500以下のヘルブラもいいんじゃない?チューナー多いし精神操作は?闇も多くなりそうだから誘惑なんかも相性良さそう。けっこう除外するし異次元からの帰還やDDRなんかも。

と、挙げればキリがないし、こんな風に結構出てくるんですよ。
これは前言撤回ですね。【スタンZero】休止、【氷結Zero】再開です。
プロトタイプ出来たらまた報告します。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

どうしようも・・・ 

更新遅れました、すいません。

「更新しなかったからには何か成果でも?」と思われているでしょうが、何もないです・・・。
本当に難しいんですよね。【氷結Zero】。ウンディーネと組み合わせて、沼地落としてデブリで回収や簡易融合でレアフィッシュ呼んでジェネコンとシンクロなど方法も結構あるんですが、いまいちパッとしない。防御用にゴーズ、トラゴも採用できるんですが、それだと【ジェネクスZero】と似てしまうってのもあって、なかなか進まない。似てもいいですかね?
組んでいて1つ思ったことが、星3攻500以下の水属性が少なすぎる。その中でも使えるカード2種類、沼地とスノーマンくらいしかない。このカード達も沼地は融合を使う点でアド損ですし、スノーマンはリバースだからどうしても遅い。あ?、ほんとにどうしよう・・・。
なんか最近こんな感じで行き詰まってます。なので一旦【氷結Zero】は置いといて、【スタンZero】でも作りましょうか。こっちは比較的簡単に出来そうですし、いい気分転換になりそう。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

なかなか 

【氷結Zero】、完成までまだまだかかりそう・・・。
とりあえずはデブリ+沼地で組むと思う。安定しそうだしね。
あとはダンディ、黄泉、おろ埋で。
今はまだ「これだっ!!」って出来じゃないんですよ。
なので今日はこのくらいしか・・・。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

小休止 

【氷結Zero】がちょっと詰まってるので最初から考えてみようかなと。

本来の目的は《E・HERO アブソルートZero》《氷結界の龍 グングニール》の共存ですよね。
HEROと言ったら《E・HERO エアーマン》。破壊効果もあるので入れておいて損はなし。あとは水HEROと2つの素材条件を兼ね揃える《E・HERO オーシャン》も採用圏内。
アブソを出すための《融合》をサーチできる《沼地の魔神王》、《デブリ・ドラゴン》で釣ってグングニールにシンクロできるので以上の3枚は採用圏内。
沼地、デブリをサーチできる《クリッター》はもちろんのこと。
融合後に墓地で再融合できる《ミラクル・フュージョン》はHEROのお供。
場に星4非チューナー、墓地に攻500以下星2チューナーがいる状態でデブリ召喚→効果で星2チューナー蘇生→釣ったチューナーと星4非チューナーで《C・ドラゴン》→Cドラとデブリで《トライデント・ドラギオン》、といった流れを可能にするために《ゾンビ・キャリア》も採用圏内。星4非チューナーはエアーとか。
上のコンボをやりやすくするためのゾンキャリを落とせるカード《おろかな埋葬》も採用圏内。デブリ、おろ埋の両カードと相性のいい《ダンディライオン》もいい。ダンディはトークン生成でシンクロの星調整も簡単。《E・HERO ガイア》の素材にも。
もちろん《黄泉ガエル》も採用圏内。おろ埋、融合とも相性が良く、デブリ+沼地+黄泉で星8シンクロにも。

大体この辺までは問題ないと思うんですが、どうもこの先が・・・。

■追加案1
星4非チューナーの場持ちを良くするためにオーシャンを落とすことができ、サーチも簡単な《E・HERO プリズマー》、このカードは《オネスト》対応なので長い間場に止めておけるだろう。オネストを使うとなるとミラクルとも相性がいい《E・HERO ボルテック》も採用圏内だろうし、《E・HERO アナザー・ネオス》も、もちろん《サイバー・ドラゴン》もそう。
HEROが増えることで手札融合の機会も増えるだろうし、何より《貪欲な壺》が発動しやすくなると思う。

■追加案2
デブリ→ダンディ等の星3モンスターでもトラドラ出せるように《緊急テレポート》《サイココマンダー》の採用の有無。コマンダーが星3チューナーなので他にも緊テレから呼べる星2チューナーの《サイコジャンパー》も採用か。《クレボンス》じゃない理由は、ジャンパーならデブリで釣れるしダンディとのシンクロで《ナチュル・ビースト》にも。この場合、コマンダーで《ナチュル・パルキオン》にすることも可能。

■追加案3
《ジェネクス・ウンディーネ》を使用し、高速で墓地にオーシャンや沼地を落としてデブリや貪欲、ミラクルを発動させやすくしたり、《サルベージ》で回収して手札融合したり。
召喚権を多く使う構築になるだろうから《血の代償》も採用圏内。
デブリ、ジェネコン、ゾンキャリとチューナーが多くなるだろうから《精神操作》も採用圏内。操作使えばトラドラコンボがもっと完成しやすくなりそう。

■追加案4
《召喚僧サモンプリースト》の採用。沼地でサーチした融合で手札融合を狙うのではなくサモプリのコストにデッキから星4モンスターを展開しようかと。この場合は■追加案1の光ギミックと混同させることでエアー、プリズマーのサーチやオネストをサーチして回収。プリズマー、オネストの光属性とサモプリ等の闇属性で《カオス・ソーサラー》も採用可能に。
融合を手札コストとして割り切りれば、防御+闇確保に《トラゴエディア》、手札増強+光確保に《サンダー・ドラゴン》の採用。おまけに貪欲が発動しやすくトラゴの効果でサンドラ捨てれば相手のカタストルやらナチュビが奪える。

■変更案1
思い切ってギミックを変えてみるかどうか。
《簡易融合》で《E・HERO セイラーマン》、《深海のディーヴァ》を召喚してグングニール出したり、《レアフィッシュ》+ディーヴァで星6シンクロとか、さらに+《シー・アーチャー》で星9シンクロなど。
融合採用型程手札が減らないことからトラゴも採用圏内。貪欲もまたしかり。

■変更案2
ギミック変更案その2。
水成分に《超古深海王シーラカンス》を搭載し、シーラの効果で特殊召喚した《レインボー・フィッシュ》に《ナチュラル・チューン》を使い、同時に特殊召喚した《オイスターマイスター》とのシンクロでグングニールのシンクロ召喚を試みる。HEROには《D?HERO ディアボリックガイ》や《E?HERO ヘル・ブラット》を使用することでシーラの生け贄確保などにも役に立つ。
先にZeroがいる状態でシーラの効果で水属性の魚を展開すればZeroの攻撃力は4500まで上昇。シーラの攻撃力が2800で攻撃力の合計が7300。さらに、先ほどの方法でグングニールを召喚してもトークンが生成されるのでZeroの攻撃力は変わらず4500、シーラ2800、グングニール2500で合計9800。
《伝説の都アトランティス》の併用でシーラの召喚が容易になるがその場合は星調整に注意。しかし星が下がっても虹魚3、オイスター2×2で問題なく召喚可能。

■変更追加案1
■変更案1で考えたディーヴァ採用型をデブリと共存させるかどうか。トラドラコンボのゾンキャリの位置をディーヴァに変えても問題なくコンボが成立することや、簡易融合からの展開で場に星4モンスターがいない状態からでも成立が見込まれることから十分共存は可能と見込まれる。ただ、この構築だとZero3枚、簡易融合からのモンスター3枚、グングニール2枚?、Cドラ、トラドラ各1枚と10枚もエクストラ枠を使ってしまうのが問題だろう。


こんな風に考えれば考える程出てきて正直どの構築にしようか迷ってしまう。
プリズマーはこの前売って手放してしまったのでプリズマー採用型での構築はDT5稼動前後辺りになると思う。
ほんとにどうしよう・・・。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

【氷結Zero】完成に向けて? 

別タイプの【氷結Zero】組んでみました。

■モンスター22枚(上級3、下級19)
1 冥府の使者ゴーズ
1 カオス・ソーサラー
1 サイバー・ドラゴン
1 魔導戦士 ブレイカー
2 沼地の魔神王
2 デブリ・ドラゴン
1 サイコ・コマンダー
1 クレボンス
1 クリッター
3 オネスト
1 E・HERO ボルテック
1 E・HERO プリズマー
3 E・HERO オーシャン
1 E・HERO エアーマン
2 E・HERO アナザー・ネオス

■魔法14枚
2 貪欲な壺
2 融合
1 大嵐
1 増援
1 死者蘇生
1 緊急テレポート
3 ミラクル・フュージョン
1 サイクロン
2 E?エマージェンシーコール

■罠4枚
2 奈落の落とし穴
1 聖なるバリア?ミラーフォース?
1 激流葬

寒波中でも問題なく動けるモンスター効果中心に組んでみました。光ギミックを入れることでオネスト、カオソを採用でき、ミラクルやカオソのコストで除外したHEROをボルテックで帰還することで貪欲を使いやすくしようと。

ただ、今日回してみた結果・・・グングニールが出てきません。
ミラクルでZero降臨→ボルテック召喚、この流れが強すぎる。
オネストでダメージを与える機会が増え、デブリを引く前に終わってしまう。1度だけデブリを出したんですが、相手がギガンテックの壁を張ってたんで事前に自分の場にいたZero、アナザー、エアー、ボルテックに、デブリ召喚→釣るモンスターがいないの効果なし→緊テレからクレボンス→クレボンスとエアーでCドラゴン→デブリとCドラでトライデント、効果でZeroとアナザー破壊→Zeroの効果でギガンテック破壊→トライデント3連打って感じに・・・。
光を入れた結果、こんな感じになってしまいました。これから組み直しです。
まぁ、カオソとか出せるのはいいんですけどね。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

大会報告 

スイスドロー5回戦、結局【ジェネクスZero】で出て2勝3敗でした。

1回戦 ライトロード ×○○
1戦目:Zeroでビートしてて優位だと思ったんですが強化されたZero(攻3500)でライラ殴ったらオネスト2枚で返り討ちに。5000以上食らってライフ0になりました。
2戦目:初手にエアー、トラゴがいたのでエアー召喚でオーシャンをサーチしてエンド。オーシャンをサーチした理由は、返しのジェイン、ガロスをトラゴで奪おうと思ったから。案の定ガロスでエアー攻撃してきたんでトラゴ出して相手エンド。私のターンでガロス奪ってトラゴ、ウンディーネとビートして勝ちました。
3戦目:初手がジェネコン×2、ヘルブラ、誘惑、オーシャン、ドローがクロウで今日最悪の手札でした。
後攻だったのでとりあえず誘惑、ドローで蘇生、ジェネコンとウンディーネで呼ぶ前に全ドロー。
負け覚悟でヘルブラ+ジェネコン=カタストルにして攻撃。相手がモンスターセットのみでエンド、自ターンでオーシャン召喚、ジェネコン蘇生してダークエンドでそのままビートして勝ち。

2回戦 猫シンクロ ××?
1戦目:手札が悪く、カタストル出してエンドしたら洗脳でカタストルを奪われ、サモプリ→猫→ベルン×2→サモプリ+ベルンでダークダイブ→カタストル(2200)ベルン(1600)ダイブ(2600)で総ダメージ6400→あとは射出で負け。
2戦目:長い試合であまり覚えてないのですが、最後はやっぱり焼かれて負けました。相手のネズミから出てきた猫と超融合したりと均衡した試合でしたけどね、ダークダイブは禁止にするべきですね。

3回戦 光メタビ ○×○
1戦目:理想の流れで勝利。ガイウス、Zero、トラゴと流れるような試合でした。
2戦目:光メタビという情報を元に、トラゴ抜いてクロソメビ入れたんですが神宣に阻まれそのままビートされて負け。
3戦目:トラゴ戻して相手のジェイン奪ったり、ライオウ奪ったりとそのままビートして勝ち。

4回戦 ジェネクスZero ××?
1戦目:Zero出されたり、出したりして900まで減らしたんですが削りきれずZeroで攻撃され負け。
2戦目:トラゴを引けなかったってのもあるんですが相手の引きが良く、最後はブリュにビートされ負け。

以前、決勝で対【シンクロダーク】で当たったことがある人なんですが、その時戦った私の【ジェネクスZero】に魅力を感じたらしく、作ったらしいです。優勝した時にショップで公開されたレシピを元にしたらしく構築も以前の【ジェネクスZero】に似てました。
ミラーで負けたのは残念でしたが、自分のデッキを参考にしてもらえるのは嬉しいですね。

5回戦 ファンカスノーレ ×○×
1戦目:初ターンでおろ埋→ノーレ落としてファンカスでコピー→効果発動で流れえを変えられず負け。
2戦目:サイドからマイクラ、ダストを搭載。初手でマイクラを2枚引き、ウンディーネ召喚とマイクラセットでエンド。相手がフェイズ宣言しないでおろ埋使ったんでマイクラで宣言したら2枚落ちました。あとは相手のセットカードをガイウスで除外しつつビートして勝ち。
3戦目:やっぱり初ターンにノーレの効果使われて負け。

面白いデッキでしたね、【ファンカスノーレ】自体は昔からありますが真紅眼の飛竜やダクメタ、青眼などファンカスとも相性がいいカードを入れた素晴らしいデッキでした。トラゴがノーレに弱いという部分をはずしても負けるべくして負けた試合でした。


今回の大会は初めてのミラー戦ですごく楽しかった。
もらったパックは1つでしたが、なんかやっぱり精神操作が出るんですよね。これで5枚目です。こんなとこで引きがいいとターミナルが不安でしょうがない。
大会レポート  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

【氷結Zero】完成に向けて? 

とりあえず、組んでみました。

■モンスター21枚(上級1、下級20)
1 冥府の使者ゴーズ
1 E・HERO エアーマン
1 E・HERO アナザー・ネオス
3 E・HERO オーシャン
2 デブリ・ドラゴン
3 ジェネクス・ウンディーネ
3 ジェネクス・コントローラー
2 沼地の魔神王
1 クリッター
1 サイコ・コマンダー
1 クレボンス
1 ゾンビキャリア
1 黄泉ガエル

■魔法17枚
2 貪欲な壺
2 融合
1 未来融合?フューチャー・フュージョン
1 大嵐
1 増援
1 洗脳?ブレインコントロール
1 死者蘇生
1 緊急テレポート
3 ミラクル・フュージョン
1 ハリケーン
1 サルベージ
1 サイクロン
1 E?エマージェンシーコール

■罠2枚
1 聖なるバリア?ミラーフォース?
1 激流葬

■エクストラデッキ
1 A・O・J カタストル
1 C・ドラゴン
3 E・HERO アブソルートZero
1 ゴヨウ・ガーディアン
1 スターダスト・ドラゴン
1 ダーク・ダイブ・ボンバー
1 トライデント・ドラギオン
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 レッド・デーモンズ・ドラゴン
1 神海竜ギシルノドン
2 氷結界の龍 グングニール
1 氷結界の龍 ブリューナク

各カードの動きは以下の通り

■《ジェネクス・ウンディーネ》《ジェネクス・コントローラー》
ウンディーネの効果コストで落とすモンスターを状況に応じて変えます。
手札に《ミラクル・フュージョン》がある場合は《E・HERO オーシャン》を落として《E・HERO アブソルートZero》の召喚の準備。
《デブリ・ドラゴン》がいる場合は《沼地の魔神王》を落として《氷結界の龍 グングニール》に繋げます。
また、手札に《サルベージ》がある場合はオーシャンを落として、ウンディーネ破壊後に2枚を回収し《融合》でZeroを出したり、《沼地の魔神王》を落として同じ方法で回収し《融合》のサーチ。
特に警戒の必要がなければ《黄泉ガエル》を落として、Zeroが出た時のための攻撃力底上げに貢献。

■《デブリ・ドラゴン》
《沼地の魔神王》を自身の効果で捨てたあとにデブリで釣って《氷結界の龍 グングニール》にシンクロ。
守備2000と高めで対【メタビート】で壁として貢献。
他にも、自分の場に星4モンスターがいる状態でデブリ召喚→効果で《ゾンビキャリア》蘇生→星4モンスターとゾンキャリで《C・ドラゴン》→デブリと《C・ドラゴン》で《トライデント・ドラギオン》、と言った動きも可能。その場合はグングニールで捨てる予定だった2枚を伏せておけば効果も問題なく使えるでしょう。

■《クリッター》
このデッキの大半のモンスターは攻撃力1500以下でどれもデッキの核を成すモンスター。状況に応じてサーチ対象を選び、臨機応変に対応。

■《サイコ・コマンダー》《クレボンス》《緊急テレポート》
緊テレは制限カードですが、1枚でも十分強さなので採用。状況に応じて各シンクロモンスターを召喚。

■《貪欲な壺》《ミラクル・フュージョン》
効果だけを見れば相性の悪いカードですが、ミラクルでモンスターを除外しても融合召喚したモンスターが墓地に送られれば、枚数的には1枚減っただけなので問題なし。むしろ墓地に落ちた《E・HERO アブソルートZero》《氷結界の龍 グングニール》を使い回すことができる。
《ジェネクス・ウンディーネ》《沼地の魔神王》《未来融合?フューチャー・フュージョン》《融合》「シンクロギミック」グングニール、ブリュの効果コストと墓地肥やしにも長けているので貪欲も無理なく入れることができ、手札で腐るようならグングニール、ブリュのコストにしてしまえば問題なし。


・・・と、大体はこんな感じでしょうか。
ただ、回していて「微妙かな?」と思うカードが数枚ありました。
まず、未来融合。墓地を簡単に肥やせるカードですがゾンキャリが落とせない。
あと、洗脳。チューナーが多いデッキなんで入ってるんですが、この2枚を《おろかな埋葬》に変えてみようかと。未来融合なら2枚落とせるんですが、どっちの方がいいんでしょう。
他にもデブリとも未来融合、おろ埋とも相性がいい《ダンディライオン》を使おうかなと。トークン生成でシンクロの星調整もできますし、融合先にガイアが加えられるんですよね。
《サルベージ》もなかなかいい動きをするんですが、ピン刺しするくらいなら他のカードを入れた方がいいのか・・・。

考えてて楽しいデッキです。
明日の大会はこれで出てみましょうか、グングニールまだないけど。ってか正しくは今日ですね。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

【氷結Zero】完成に向けて 

昨日の記事があまりにも薄かったと言うか、ないに等しかったので、今日は大真面目な考察。

【氷結Zero】ですが、ガチ構成を求める上でドゥローレンは抜いた構築にしようと思います。
理由は簡単、「グングニールの方が出しやすい上に効果が強い」からです。ドゥローレンは自分のカードを使い回せますが、相手の場に変動はないです。しかし、グングニールはデブリ+沼地で簡単に出すことができ、相手の場の破壊が可能。
ドゥローレンはグラヴィ等で面白い戦い方が出来るのですが、大嵐等の魔法・罠全体に影響するカード、黒薔薇等の出しやすいリセットカードの存在からこれ等を使うトップデッキに対して強いカードとは言いにくいのが事実。
例として、場にカードを残しながら戦うドゥローレンと、相手の場を壊しながら戦うグングニール、お互いが戦うことになったらどうなるでしょう。
答えは簡単、グングニールの方が強いですね。場にカードを残す戦い方はどうにも受け身がちになってしまい出遅れてしまうことが多いのが事実。

仮にドゥローレンの方を先攻で出し、場にカード残してエンドしたとします。そこにグングニールが出てくればドゥローレンの場は破壊され、その後も戻すはずのカードがないのでアドバンテージも少ないでしょう。

では、グングニールが先攻の場合。こちらは後出しのドゥローレンがカードを戻して攻撃力を上げグングニールを撃破、という流れも可能でしょうがそのためには同ターンで発動可能な永続的な魔法が必要です。永続罠はターンを置かなければ発動できません。

以上のことから受け身のデッキは遅いんですよね。
分かりやすく言えば、受け身デッキに代表される【メタビート】も全ての攻撃に耐えられるわけでもなく、前環境のトップデッキが【アンデシンクロ】≧【メタビート】という結果にも見てとれます。
まぁ、一概にこうとは言えないと思いますが・・・。

ということでドゥローレンは【氷結雲】で活躍してもらい、【氷結Zero】ではグングニールを使おうと思ったしだいです。

ここからZeroとグングニールの相性について

まず最初に、グングニールのシンクロ条件である
「チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上」
この条件はZeroの融合条件である「HERO+水属性モンスター」と似ているので素材の用意がしやすい。加えて、《融合》をデッキからサーチできる《沼地の魔神王》は攻撃力500と《デブリ・ドラゴン》で釣ることが可能。さらに、自身が水属性・攻撃力1500以下ということなので《サルベージ》で回収することで《氷結界の龍 グングニール》の手札コストも用意しやすい。《サルベージ》の対象には《E・HERO オーシャン》など他のカードもあるので使い所が多いことも採用しやすい理由のひとつ。

まず使うモンスターについて、最初にデッキの核となるモンスターから
《E・HERO エアーマン》《E・HERO オーシャン》
《ジェネクス・ウンディーネ》《ジェネクス・コントローラー》
《デブリ・ドラゴン》《沼地の魔神王》
をデッキの核に考察を。なお、ここからカード名を略します。

エアーはHEROデッキに必須のカードであり、こいつと融合が手札にあればZeroの召喚も容易。攻撃力も高めで戦線に立てるモンスターでもあります。

ウンディーネは、効果コストでオーシャンを落とし《ミラクル・フュージョン》を使うことでZeroの召喚が可能。サーチしたジェネコンとオーシャンのシンクロでグングニールを出すことも可能。

沼地は融合をサーチ、自身も水属性でありZeroの正規の融合素材。デブリで釣ることでグングニールのシンクロ召喚が可能。
デブリは守備力も2000と高く対【メタビート】時に壁としても使えます。

上記のカードは墓地肥やしに長け、《サルベージ》《貪欲な壺》と相性も良い。グングニールを使う上で危惧される手札コスト、これを補いながら《貪欲な壺》でZero、グングニールでさらに素材も回収することで使い回しも可能。


こんな感じでデッキを組んでみようと思います。
まだ組む前の段階なので薄い内容ですが、これから少しずつ補強していこうかと。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

特に・・・。 

今日は特に書く事がないです。
強いて言うなら、22日に大会があります。あと、ゲドンのSRが3枚揃ったんで【スタンZero】を完成させようかと。
以上です。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

氷結雲の再構築 

3月の制限改訂で《緊急テレポート》が制限入りして一度死んでしまったこのデッキ。
先日の新生【ジェネクスZero】に続いて、新生【氷結雲】を構築しましょう。

新生【氷結雲】に向けて《緊急テレポート》の空きを補うべく、注目したカードは《深海のディーヴァ》。緊テレとは違い召喚権を使ってしまうカードですがデッキ圧縮能力に長け、さらには水属性・攻撃力1000以下と《サルベージ》《リミット・リバース》に対応。サーチで同名カードを特殊召喚し二重のシンクロをすることで星7、8のシンクロ召喚も容易。

とりあえず形は完成。

■モンスター21枚(上級0、下級21)
3 雲魔物?タービュランス
2 雲魔物?スモークボール
3 雲魔物?キロスタス
2 雲魔物?アルトス
2 雲魔物?アシッド・クラウド
1 雲魔物?ストーム・ドラゴン
3 深海のディーヴァ
1 シー・アーチャー
1 サイコジャンパー
1 サイコ・コマンダー
1 クリッター
1 N・グラン・モール

■魔法12枚
2 カードトレーダー
1 緊急テレポート
1 サイクロン
2 サルベージ
1 死者蘇生
1 手札抹殺
1 貪欲な壺
1 光の護封剣
2 フォッグ・コントロール

■罠7枚
2 王宮のお触れ
1 グラヴィティ・バインド?超重力の網?
1 聖なるバリア?ミラーフォース?
3 リミット・リバース

こんな感じで組んであります。
【ジェネクスZero】を相手に回してみましたが、やっぱり勝てませんでした。
ドゥローレン+護封剣orグラヴィのコンボ成立までは難なく揃えることは出来るんですが、邪帝がウザイ・・・。今まで【ジェネクスZero】で戦ってきた相手もこんな気持ちだったんでしょうね。

カードに関しての説明ですが、モンスターはいいですよね?
トレーダーは何となく入れてるつもりですが《サルベージ》で回収した海竜2枚のうち1枚をデッキに戻せたりしていい感じです。手札のサイキックやスモークも戻せますし。
1枚刺してある貪欲はディーヴァ等の回収用です。他にもスモーク戻して再びサーチで戻した数を実質1枚減らすことも出来ます。

今はこんな感じで回してますが、まだちょっと物足りない・・・。

話を変えて、DT5にプリズマー、異次元からの埋葬が再録されるっぽいです。私も朝知ったばっかりなんですけど、プリズマーはなんとなく予想できました。今さらDTで融合モンスを流行らせようと思うならこれくらいは入れないとですからね。埋葬はまったくだったけど、これでBFのヴァーユを以前の馬頭鬼として使い回す人が増えそうです。怖いです。
他にはDT5のシンクロモンスが数枚判明。

DT05-JP037「ジュラック・ヴェルヒプト」星5 炎 恐竜族・シンクロ ?/?
チューナー+チューナー以外の恐竜族モンスター1体以上
このカードの攻撃力・守備力は、このカードのシンクロ素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。このカードが裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそのモンスターを破壊する事ができる。

DT05-JP038「ナチュル・パルキオン」星6 地 ドラゴン族・シンクロ 2500/1800
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分の墓地のカード2枚をゲームから除外する事で、罠カードの発動を無効にし破壊する。

DT05-JP039「レアル・ジェネクス・クロキシアン」星9 闇 機械族・シンクロ 2500/2000
「ジェネクス」と名のついたチューナー+チューナー以外の闇属性モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、相手フィールド上に表側表示で存在するレベルが一番高いモンスター1体のコントロールを得る。

恐竜はどうでもいいとして・・・。
猫がまた強化です。ナチュビの罠版。狂獣+エアベルンでシンクロ可能。唯一の救いはナチュビみたいにポンポン使える効果じゃないってことですかね。
貪欲でモンスターを使い回す構築が基本なのでモンスターを除外することは避けたいですし、魔法・罠を除外するといってもサモプリの効果コストに使用したカードくらいしかない。
しかし、猫がまた強化とか・・・。KONAMIさんには自重してもらいたいですね。
そしてもう1つ、新ジェネクスシンクロの登場。効果は相手依存のため微妙かもですが、【ジェネクスZero】でも問題なく出せる点は嬉しい。ジェネコン+ガイウスorトラゴでOKです。ディアボなんかもZeroの素材にできていいんだけど、墓地に送る手段がおろ埋くらいしか思いつかない・・・。手札にきたときの処理に困る・・・。現段階ではディアボは使えませんね。
ますますDT5がやりたくなりました。早くしたいな。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

すっかり 

タイトル通り、「すっかり」忘れていました。
何を忘れていたのかというと。【氷結雲】です。しかし【氷結雲】そのものを忘れていたのではなく、【氷結雲】の名前の由来です。昨日の記事で「ドゥローレンをどう略せばいいのかさっぱり」とか言ってましたが、コメントされて思い出しました。《”氷結”界の虎王 ドゥローレン》+「”雲”魔物」で【氷結雲】、なんで気付かなかったのか・・・。同じ記事で【氷結雲】と書いているはずなのに・・・。
ってことで零+虎王のデッキ名は【氷結Zero】で。語呂も【氷結雲】に似て言いやすいですしね。
何はともあれ、コメント感謝です。

さて、【氷結雲】ですが。ディーヴァを入れたデッキ構築に入ろうと思います。
【氷結Zero】はとりあえず完成ということで、一旦置いといて・・・ね。グングニールが出るまで寝かせておこう。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

終わった・・・。 

先月の10日くらいから昨日15日まで約1ヶ月間学校が休みだったんですけど、それも今日で終わり・・・。
また長い課題との戦いです・・・。

デッキは「零+虎王」のデッキ名をどうするか考え中。【ジェネクスZero】は《”ジェネクス”・ウンディーネ》と《E・HERO アブソルート”Zero”》だったから【ジェネクスZero】になったワケですけど、今回はどうすればいいのかわからない。【Zero?】【?Zero】になるのは確定、ドゥローレンをどう略せばいいのかがさっぱり。

長い間眠っていた【氷結雲】は《深海のディーヴァ》投入で安定しそうです。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

零+虎王の考察?デッキ構築編 

さくっと作ってみました。

■モンスター19枚(上級3枚、下級16枚)
3 トラゴエディア
1 E・HERO エアーマン
2 E・HERO オーシャン
2 E・HERO アイスエッジ
3 ジェネクス・ウンディーネ
3 ジェネクス・コントローラー
1 氷弾使いレイス
1 氷結界の風水師
1 水霊使いエリア
1 クリッター
1 N・グラン・モール

■魔法14枚
1 大嵐
1 サイクロン
2 サルベージ
1 死者蘇生
1 増援
1 光の護封剣
1 未来融合?フューチャー・フュージョン
3 ミラクル・フュージョン
2 闇の誘惑
1 レベル制限B地区

■罠7枚
1 異次元からの帰還
2 王宮のお触れ
1 グラヴィティ・バインド?超重力の網?
3 リミット・リバース

とりあえず作ってみたらこんな感じになりました。エリアはアイドル枠でw攻500星3水属性とピッタリだった^^
四霊使いの中ではエリアが一番です。
詳しい考察は後日。まだ途中段階なのでその時には多少なりとも変わってると思いますが。
グングニールが出たら本格的に組んでみます。デブリから沼地、エリアが持ってこれるんで召喚は簡単でしょうし、サルベージ、貪欲あれば手札コストも苦じゃないでしょうしね。
それと、デブリも一応リミリバ対応なんで
1、リミリバでデブリ蘇生
2、ドゥローレンで回収
3、デブリ召喚→なんか釣ってグングニールへ
なんて流れも・・・。早く出ないかな。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

とりあえず 

今日は私用で家を出ていたので、カードに触れませんでした。

とりあえず、明日デッキを組んでみようと思います。デッキタイプはウンディーネ型で組んでみます。理由は
・墓地肥やしが簡単
・チューナーのサーチ、素材のサーチが容易
・星3が多いので、B地区・グラヴィとの相性も良い
・トラゴを使うことで、勝利への筋道がドゥローレン、Zeroだけに縛られず戦い方に幅を持たせられる
以上の点を踏まえての決定です。

最後に、先ほど動画メンバーの宝玉使いである”あきはる”が地元を出ました。これから気軽に会えなくなると思うと寂しいものですね。今日は最後に会える機会ということでメンバー3人でカラオケに行ってました(これが私用です)。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

零+虎王の考察?デッキシステム編 

Zero+ドゥローレンのデッキを作るにあたって、選ぶチューナーによってデッキ運用のシステムが変わってきます。なので今日はそのデッキシステムの紹介を。
目的は、
・記事に書き出すことで、それぞれのシステムを”私が”更に理解すること
・他の方の意見を聞き、今後に繋げること
です。

■《ジェネクス・コントローラー》《ジェネクス・ウンディーネ》を主軸にした場合
このタイプでの目的は、「ウンディーネの効果で目的の水属性を落とし、《サルベージ》《リミット・リバース》を使いやすくする」ことです。ウンディーネでアイスエッジを落とすことで、次のターンに《リミット・リバース》で蘇生したアイスエッジとサーチしたジェネコンでドゥローレンにシンクロ可能。
さらに《氷結界の風水師》を採用することでウンディーネで落とした後《リミット・リバース》で蘇生しシンクロ可能。
ウンディーネを採用することで《ミラクル・フュージョン》の発動条件を満たしやすく、落とした水属性と墓地のこのカード自身で《サルベージ》も発動可能。
このデッキはエアーマン、ウンディーネ、サルベージ、ドゥローレンで手札を温存・増加しやすいため《トラゴエディア》も採用可能。【ジェネクスZero】に似た動きになると思います。

■《深海のディーヴァ》を主軸にした場合
デッキからモンスターを呼べる優秀なチューナーであるディーヴァ、場に星4モンスターがいれば星6?9のシンクロ召喚が、このカード単体でも星4・5のシンクロ召喚が可能。ジェネクス組同様「デッキ圧縮」に長け《貪欲な壺》《ミラクル・フュージョン》が発動しやすいのも特徴。同じ海竜族に《氷弾使いレイス》もおり、星2チューナーを用意しやすいデッキになるでしょう。《深海のディーヴァ》《氷弾使いレイス》も攻撃力1000以下であり《サルベージ》《リミット・リバース》に対応。採用するHEROも《E・HERO バブルマン》を使うことで《リミット・リバース》を最大限活用でき、星6シンクロも容易です。バブルマンは《E・HERO プリズマー》《未来融合?フューチャー・フュージョン》を使うことで簡単に墓地に落とすことができ、《サルベージ》も無駄なく使えます。

■サイキック族を主軸にした場合
制限カードである《緊急テレポート》ですが、チューナーに《メンタルマスター》を起用し、同時に《ワン・フォー・ワン》を採用。《メンタルマスター》は《簡易融合》で特殊召喚した《E・HERO セイラーマン》を使うことでドゥローレンの召喚を可能にし、同時にZeroの素材にもできます。《簡易融合》で特殊召喚するモンスターに《レア・フィッシュ》を用意し《クレボンス》とのシンクロでもドゥローレンを出すことができます。
《クレボンス》闇属性、《メンタルマスター》光属性ということで、光と闇をさらに増やすことにより《カオス・ソーサラー》も採用圏内に。上の2つとの違いは他の属性を多数採用することで《ダーク・アームド・ドラゴン》や《カオス・ソーサラー》などの強力なカードも採用圏内に入ることです。
《クレボンス》を採用し相手の攻撃に耐性を持たせることで《邪帝ガイウス》《氷帝メビウス》の生け贄にも。

■植物族を主軸にした場合
植物族はモンスターを場に並べ安いのが特徴で、ドゥローレンのシンクロ素材である水属性も《ロード・ポイズン》《レクンガ》《ボタニティ・ガール》となかなかの種類。ただ、デッキの構成上Zeroが出し難くなってます。ですが、それを補うドゥローレンの活用性。《ローンファイア・ブロッサム》を高速で墓地に3枚溜めることで《継承の印》を発動しやすく、ドゥローレンで回収することで使い回しが可能。同様に《増草剤》でのコンボでもドゥロの効果で使い回しが可能。
HEROには同じ植物族である《E・HERO クノスペ》もいるので《簡易融合》と合わせて使えばZeroの召喚も可能です。

今ポンと思いつく限りでは上の4パターン。それぞれで使い分けるのではなく、組み合わせてもいいかも知れませんね。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

零+虎王の考察?チューナー編+ 

Zero+ドゥローレンのデッキを作るにあたって、お互いの特性を最大限に活かすデッキ構成を考えなくてはいけません。Zeroの素材である水属性のHERO、大体の素材はオーシャンだと思いますが、こいつはドゥローレンのシンクロ素材にも出来ますよね。これは当然みなさんもわかっていると思います。しかし、チューナーをどうするか?「ドゥローレンの効果を最大限使う」と言っても「ドゥローレンを出せなきゃ意味がない」。そこで一番初めに採用チューナーをちょっと考えてみました。

■《クレボンス》《サイコジャンパー》
《緊急テレポート》から特殊召喚でき、オーシャンとシンクロすることでドゥローレンになれます。
前者は防御にも使うことができ、後者はドゥローレンと相性のいい《リミット・リバース》に対応。

■《メンタルマスター》
上の2枚に加え《緊急テレポート》から特殊召喚できるモンスター。
上の2枚との違いは《ワン・フォー・ワン》から特殊召喚でき、《E・HERO セイラーマン》とのシンクロで問題なくドゥローレンになれます。同じ星1には《黄泉ガエル》もいるのでデッキ次第では問題なく運用が可能だと思います。

■《氷弾使いレイス》
このカード自身も水属性なのでオーシャンとのシンクロ後は《ミラクル・フュージョン》で即座にZeroに繋げられます。攻撃力も800と低いですが、そのおかげで《サルベージ》《リミット・リバース》に対応。さらに戦闘破壊耐性があるので急場の壁などにも使えます。

■《氷結界の術者》
攻撃力1300の星2チューナー。このカードはシンクロ素材に使うというよりも、ドゥローレン召喚後のロックを作るギミックを手助けしてくれます。注目すべき効果は「このカード以外の「氷結界」と名のついたモンスターが自分フィールド上に存在する限り、全てのレベル4以上のモンスターは攻撃宣言をする事ができない。」自分のターンはドゥローレンで回収し、攻撃力UP+ロック解除。メイン2に召喚することで相手のターンは星4以上のモンスターは攻撃できなくなる「モンスター版グラヴィティ・バインド」の完成。
このギミックだけに注目しなくても星2チューナーとしてオーシャンとシンクロすればドゥローレンにすることも可能。

■《ジェネクス・コントローラー》
星3のチューナーですが、ドゥローレンを出すための素材には《E・HERO アイスエッジ》《沼地の魔神王》を選択。両方とも《リミット・リバース》対応で、《ジェネクス・ウンディーネ》の効果で《ジェネクス・コントローラー》をサーチする際、《リミット・リバース》を伏せて置けば次のターンでシンクロ可能。残ったリミリバをシンクロ召喚したドゥローレンで回収することで流れるように攻撃力UPに貢献できます。

■《深海のディーヴァ》
星2水チューナー。レイス同様《サルベージ》《リミット・リバース》に対応ですが、注目する点はこちらではなく効果。「このカードが召喚に成功した時、自分のデッキからレベル3以下の海竜族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。」既にオーシャンが場に出ていれば+ディーヴァでドゥローレンが召喚でき、ディーヴァの効果でサーチした2枚目のディーヴァとシンクロすることで星8のシンクロ召喚もできます。墓地にモンスターを溜めやすく《貪欲な壺》を採用することで、このカードの効果が最大まで活かされます。

採用圏内のチューナーはこんなもんでしょうか。
うまく言えないけど、ドゥローレン主のデッキは「チューナー次第で他のカードが」「他のカード次第でチューナーが」”変わる”デッキだと思います。なんとなくだけどね。
私もまだ、どのチュ?ナーを使うか結論を出してませんが、この中から選ぶのは確実かな。

そして次にドゥローレンと相性のいい「場に残る魔法・罠カード」を。
まず代表的なのが

■《光の護封剣》
ドゥローレンの効果で回収し使い回すことで、永続魔法と同じような使い方ができるロックカード。

■《レベル制限B地区》
ドゥローレンと組み合わせることで通常魔法版《エネミー・コントローラー》として運用が可能。

■《王宮のお触れ》
罠カードの効果を封じるこのカードも自分ターンは発動することで、自分は罠カードを気にせず攻撃することができ、メイン2にドゥローレンで回収することで相手のターンは罠カードが使えるようになります。
同様に《王宮の弾圧》も同じ使い方ができます。

■《グラヴィティ・バインド?超重力の網?》
お互いに星4以上のモンスターの攻撃を抑制するカードですが、ドゥローレンの効果で回収することで、自分のターンは星4以上は攻撃可能、相手にターンは星4以上の攻撃を防ぐといった《D・バインド》と似た効果に変化。

■《リミット・リバース》
《深海のディーヴァ》などを素材にドゥローレンを召喚した後、《リミット・リバース》で《深海のディーヴァ》を蘇生ドゥローレンで回収することで攻撃力UP+使い回しが可能。他にも《クリッター》や《N・グラン・モール》とも相性が良く、前者は《深海のディーヴァ》のサーチ、後者は効果発動後に回収することで実質的な完全蘇生になります。

他には、《巨大化》《禁止令》とかでしょうか。

ここからはZeroと組み合わせた場合のカードですが、

■《E・HERO エアーマン》
回収することで、もう一度効果を使うことが出来ます。ドゥローレンの素材に使うであろうオーシャンをさらにサーチできるのはいいことですね。

■《未来融合?フューチャー・フュージョン》
《おろかな埋葬》2枚分としての運用が可能。Zeroを指定し、《E・HERO オーシャン》と《氷弾使いレイス》《氷結界の術者》《深海のディーヴァ》を落とし、《サルベージ》で回収することでドゥローレンの素材を手札に持ってくることが可能。

■《E・HERO アブソルートZero》
Zero自身を回収することで、Zeroの効果を能動的に使うことができます。

昨日考えて出てきたカードはこんなもんです。1日考えた割りに少ないのが残念ですね、「チューナーをどうするか」ってのと「構築はどうするか」ってのを考えてたんで、これくらいしか出してませんでした。
まだ「構築内容」を考えている段階ですので、「デッキ」は出来てません。出来ましたら報告させていただきます。
本当にチューナーに迷うデッキなんですよね・・・。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

お休み 

Zero+ドゥローレンのデッキで何かピンときそう。ちょっと考えてみるんで、今日の更新はお休みさせていただきます。
コメント返信も次の記事で。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

デュエル25 

ニコニコ動画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

準備中 

動画アップまで時間がかかりそうなので、その合間に書いてます。
今回動画内で使用した【ロケットラゴ】。以前との大きな違いがウンディーネ、コントローラーを入れてないことでしょうか。
操作ヴァリーでの手札補充型にしたので、今回ジェネクス組は入ってません。ですが黄泉を落とすギミックはしっかり入ってます。もちろん他のカードともシナジーする形で。
ただ、今回の【ロケットラゴ】は動画を見てもらえれば同じように感じる方もいると思いますが「ロケットは本当に必要なのか?」とつい考えてしまう構築です。バレットを使う+戦闘力+手札補充という理由で入ってますが、使っていて微妙な感じがします。完全に個人的な補正がかかってますね^^;
ですが、新【ロケットラゴ】は使っていて楽しいデッキです。かなり強いわけでもなく、フリーで楽しみながら使う分類のデッキかもしれません。
もう少し構想を練ってみましょうか。

とりあえず、レシピもあげた方がいいですかね?

話題を変えて。
今デッキ制作の作業に入ろうとしてますが、
・【氷結雲】の改良
・【ロケットラゴ】の改良
・新しいZeroデッキの制作
・【猫ロケット】存続ついて
とやることがいっぱいで、何から手をつけていけばいいのか・・・。

最後に今日は本文よりもコメント返信の方が長いかも^^;

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

ロケットラゴかな 

先日【ロケットラゴ】をもう1回見たいとのコメントを受け、撮影した動画を上げようと思いましたが私の都合で今日上げることができませんでした、すみません。
明日には上げるのでちょっと待っててくださいね。
作り直すにあたって少し改良したため、以前のデッキと中身が違いますがご了承ください。

今日は他に何も書くことがありません・・・。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

結果 

今日も大会形式はスイスドロー5回戦でした。ずっとこれっぽいですね。
ぽけりす【ジェネクスZero】 3勝2敗
ノッチ【代償トラゴガジェ】 2勝3敗
田中【黒羽猫】 2勝3敗

1回戦 ライトロード ○××
1戦目:ウンディーネ→黄泉からガイウスでビートして勝ち。
2戦目:手札が悪かったってのもあるんですが、ルミナスから5体展開かれ、団結を装備したジェインに殴られ負け。
3戦目:結構いい勝負だったんですが、ジェイン+オネスト×2に殴られ負け。マイクラで寒波は潰したんですが、オネスト2枚とか聞いてません^^;

2回戦 猫シンクロ ○××
1戦目:トラゴでエアベルン奪ってビートしてたら勝ちました。最後はシンクロしてDDBです。DDB強すぎ・・・。
2戦目:サイドから超融合入れたんですけど、初手ジェネコン×2、ガイウス×2、超融合×2とかやめて・・・。
3戦目:猫シンクロ本来の動きで早いターンで負けました。やっぱりトラゴ、ゴーズがないんですよね。

3回戦 ??? ○○?
ウンディーネやらジャンクロンやら色々なカードが入ったデッキでした。
書くまでもないので結果のみ。

4回戦 次元帝 ○○?
1戦目:裂け目やらマクロやら張られたのですがメインから入れてるハリケーンのおかげで立て直しに成功。最後はZero+モグラの奇跡融合で相手の場を一掃してからガイアで攻撃して終了。今大会でモグラが輝いて見えた一瞬でした。
2戦目:次元を張られる前に、ウンディーネでオーシャン落としてZero召喚。相手が洗脳で奪ったZeroを生け贄に帝を出すプレミでゲームエンドまで直行。

5回戦 電池メン ×○○
1戦目:漏電はなかったものの、単三型+暴走召喚で大ダメージをくらって虫の息に。返しでガイウス出して1体除外・1体破壊したんですが、オネストにやられライフ0に。
2戦目:暴走召喚警戒でモンスター出さずエンド。相手の攻撃からトラゴ出して、次のターンで単三型奪いながら戦い、最後はブリュ、単三型、ゾンキャリの直接で終了。
3戦目:ガイウス・嵐・ハリケーンで場を制圧しながら展開。ラストは終末→ゾンキャリ→ゾンキャリ蘇生シンクロブリュ→ミラクルでアブソ召喚でゲームエンド。最後の勝負でZero出して勝てたのは嬉しいですね。

今回の大会での感想はトラゴ、ゴーズ、Zeroが出ないと負けてます。大体は手札が悪かったりするので、今回は運で負けたって感じですね。
それと、次元にストレートで勝てたのは嬉しいですね。【新生ジェネクスZero】の構築は悪くないということが分かって良かったです。

もらえたトーナメントパックは1パックですが、精神操作が出ました。今日は運が良いのか悪いのか・・・。これでノーマルの操作が4枚出た事になりますので、ついでにあと2枚狙ってみよっか^^

-- ここから返信 --
大会レポート  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

大会に向けて 

現在、6日の25時、7日の深夜1時ですね。日を跨いでの更新です。

今日は朝から企業説明で自宅を出ていて、今帰ってきたのでデッキが組めませんでした。+αのデッキの撮影を期待していた方はすみませんです。就職活動とか面倒ですけど、将来がかかってますからね。

今日の大会ですが、エントリーするデッキはもちろん【新生ジェネクスZero】。【アンデシンクロ】【剣闘獣】がいなくなった環境、【ライトロード】【猫シンクロ】がトップに再臨し、新たに【BF】が勢いをつけてきた環境でどこまで戦えるか試してみます。

いい結果が残せるよう、全力を尽くします。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

感想 

今日は友人が家に来たんで新生【ジェネクスZero】を回してみました。
感想ですが、操作ヴァリーよりも使い安かったと思います。現在の手札で戦術を選べるのはいいですね。《終末の騎士》は当初《ネクロ・ガードナー》《ゾンビキャリア》を落とすために入れたつもりだったんですけど、Zeroの素材が足りないときにヘルブラットを落とせたりするのが意外に便利でした。
《ライトニング・ボルテックス》も展開されたゲドンが邪魔だから使ったり、ゴーズが出てきたら使ったりと。
ただ、ガイウス+ゾンキャリでシンクロする時にダーク・エンドが欲しいと思うことも屡。今のエクストラは
1 ミスト・ウォーム
1 スターダスト・ドラゴン
1 レッド・デーモンズ・ドラゴン
1 メンタルスフィア・デーモン
1 ブラック・ローズ・ドラゴン
1 ダーク・ダイブ・ボンバー
1 氷結界の龍 ブリューナク
1 ゴヨウ・ガーディアン
1 フレムベル・ウルキサス
2 A・O・J カタストル
3 E・HERO アブソルートZero
1 E・HERO ガイア
なんですけど、これ以上星8シンクロを増やすのもアレですのでどうしようか悩んでます。
【剣闘獣】の脅威もなくなったことですし、メンタルと交換してみますか。

あと、一緒に【猫ロケット】も回したんですが、使った感想は「楽しいw」の一言です。《月の書》《鳳翼の爆風》があれば猫→ナチュビでいけますし、なかったらロケット出して手札補充したりと色んな戦術をとれる。【アンデシンクロ】みたいな単純な戦術にならないってのがね。

動画の方は、以前にも言いましたが7日の撮影を予定してます。使うデッキは新生【ジェネクスZero】【猫ロケット】と他をいくつか、他と言ってもまだ作ってすらないのですが・・・。
候補は《氷炎の双竜》と《E・HERO アブソルートZero》を合わせた【フロフレZero】を作ってみようかなーと思ってるんですが、どうでしょう?エアー、ロケット、ウンディーネと私の好きなカードを多く使えるので「これはっ!?」とか思ったんですけど・・・。難しいかな?

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

【ジェネクスZero】暫定 

【ジェネクスZero】の改良ですが、とりあえず完成しました。
いろいろ考えた結果
3 サイバー・ヴァリー
1 終焉の焔
3 精神操作
の7枚を
1 終末の騎士
1 ネクロ・ガードナー
1 ゾンビキャリア
1 E-エマージェンシーコール
1 ハリケーン
1 ライトニング・ボルテックス
1 聖なるバリア?ミラーフォース?
に変えました。
アナザー・ネオスが消えてますね。なぜアナザーの採用をやめたのかと言うと、「下級の火力」「下級モンスターの戦闘面の安定」この2つのどちらもデッキコンセプトと関係ないと改めて気付いたからです。「戦闘面の安定」なんか考えてる余裕があったら、デッキ圧縮して「キーカードのドロー率を上げよう」と、このような結論に至ったワケです。
そこで採用した《終末の騎士》《ネクロ・ガードナー》《ゾンビキャリア》の3枚。
《終末の騎士》は闇・戦士・攻1400と増援対応、誘惑対応、奈落に引っかからずパキケを戦闘破壊できるステータス、パキケで終わるこのデッキとの相性は言わずもがな。
さらに《終末の騎士》を使うにあたって採用した《ネクロ・ガードナー》《ゾンビキャリア》。前者は《終末の騎士》で落とすためのモンスターで、一撃が怖い【ライトロード】【BF】戦では役に立ってくれます。後者は状況に応じて落とす感じで、前にも説明しましたが手札の水属性、ジェネコンを戻せばウンディーネを有効的に使えますし、そのまま星5シンクロになれます。《ネクロ・ガードナー》《ゾンビキャリア》どちらも誘惑、死デッキ対応ですので手札にきても困らず、互いに方法こそは違いますがガイウスの生け贄確保にも貢献してくれます。どちらも《D.D.クロウ》には弱いですがZeroの素材を守れたと考えればいいんじゃないでしょうか。
《ハリケーン》《ライトニング・ボルテックス》はパキケ、弾圧、スキドレに対抗するために採用しました。
前者は対【次元】でも問題ないですし、後者はネクロ、ゾンキャリ、オーシャン、黄泉とコストにも困りません。

新生【ジェネクスZero】は大体こんな感じでしょうか。以前の「下級の火力」「戦闘面の安定」等よりも、「デッキ圧縮」「生け贄確保」「攻撃無効」「シンクロ強化」「弱点補強」等のメリットが多いはずです。

えー、これで【ジェネクスZero】は一旦完成したので、次は【爆風ロケット】【氷結雲】の完成と「Zeroを使った新しいデッキ」の考案を目標に活動していきます。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

途中 

まだ【ジェネクスZero】の改良が終わってないので、今日はコメント返信だけで。
ただ、途中経過ですが、戦闘面・下級の火力に安定性を持たせるためアナザー・ネオスを戻そうと思います。
《サイバー・ヴァリー》というドロー加速カードは抜きますが、デッキ圧縮の概念は残すためEコールを再度採用。手札に来たオーシャン、黄泉ガエルを捨てるために《ライトニング・ボルテックス》も1枚採用、こいつは大量展開が予想される【ライトロード】【BF】にも有効なので使い所には困らないと思います。
とりあえず、抜くカード7枚のうち3枚は決まりました。残り4枚もじっくり考えて【ジェネクスZero】を完成させたいと思います。

-- ここから返信 --
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。