06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

墓守バブーン 

今日は久しぶりに大真面目な更新を。
モンスター効果が非常に強力な今の環境、【スキドレバルバ】【ヒーロービート】などに採用される《スキルドレイン》このカードを主軸に置いたデッキを、以前紹介した構築を少し改良してもう一度載せようと思います。以前紹介したデッキで回してみたところモンスター切れを起こす場面が目立ち、逆転負けなんてことが多々ありました。今回はモンスターの少なさを解消した【墓守バブーン】を考えました。

【墓守バブーン】最終更新 09/1/7

■モンスター20枚(上級4、下級16)
神獣王バルバロス
神獣王バルバロス
神獣王バルバロス
森の番人グリーン・バブーン
怒れる類人猿
怒れる類人猿
怒れる類人猿
墓守の司令官
墓守の司令官
墓守の司令官
巨大ネズミ
巨大ネズミ
巨大ネズミ
素早いモモンガ
素早いモモンガ
素早いモモンガ
クリッター
不幸を告げる黒猫
不幸を告げる黒猫
不幸を告げる黒猫

■魔法11枚
王家の眠る谷?ネクロバレー
王家の眠る谷?ネクロバレー
王家の眠る谷?ネクロバレー
大嵐
おろかな埋葬
おろかな埋葬
サイクロン
地砕き
洗脳?ブレインコントロール
月の書
月の書

■罠9枚
激流葬
死のデッキ破壊ウイルス
スキルドレイン
スキルドレイン
スキルドレイン
聖なるバリア?ミラーフォース?
魔宮の賄賂
魔宮の賄賂
魔宮の賄賂

大体こんな感じでしょうか。前回と解説が重なる部分もありますが、もう一度書かせて頂きます。

対効果モンスター、墓地利用をイメージしたデッキ。具体例を挙げれば対【アンデシンクロ】でしょうか。
このデッキの主軸となる《森の番人グリーン・バブーン》《王家の眠る谷?ネクロバレー》《スキルドレイン》。後者2枚で大体のデッキは封殺できます。この2枚の与える自分への影響を極力少なくしたのが、この【墓守バブーン】。【アンデシンクロ】並みとは言えませんが、相手が除去カード引く前に勝つ短期決戦といった戦術が主になると思います。

■《神獣王バルバロス》
《スキルドレイン》発動中には無類の強さを誇るアタッカー。妥協召喚しても攻撃力1900と高い数値を誇り、3体を生け贄に召喚に成功した場合は相手の場を一掃できる破格の能力持ちです。自身は獣戦士族なので《森の番人グリーン・バブーン》とは関係ありませんが、それを補って余りある程の高性能なカードです。

■《森の番人グリーン・バブーン》《おろかな埋葬》
《王家の眠る谷?ネクロバレー》《スキルドレイン》の影響を一切受けない、自己再生アタッカー。攻撃力では《神獣王バルバロス》に劣りますが、自身の再生力を活かし長く戦線に立つことのできるカードです。特殊召喚効果は手札からも発動でき、奇襲性も備えている上級アタッカー。《おろかな埋葬》で先に墓地に送っておけば獣族が破壊された時、即座に特殊召喚できます。
《おろかな埋葬》との併用で擬似3枚態勢です。

■《怒れる類人猿》
《スキルドレイン》なしの状況でも、気にならない程度の攻撃力2000デメリットアタッカー。《エネミー・コントローラー》には弱いカードですが、元の守備力が1000しかないので特に問題ありません。獣族なので《森の番人グリーン・バブーン》との相性は抜群です。

■《墓守の司令官》《王家の眠る谷?ネクロバレー》
このデッキの軸の1枚。《王家の眠る谷?ネクロバレー》は《墓守の司令官》の効果でサーチできるので疑似6枚態勢です。《墓守の司令官》は《スキルドレイン》発動中でも自身の効果には関係なく、《王家の眠る谷?ネクロバレー》が貼ってあれば2100のアタッカーになります。
このデッキの軸の1枚である《王家の眠る谷?ネクロバレー》。このカードだけで【アンデシンクロ】は《馬頭鬼》の効果を発動できず、墓地を対象にしたカードの発動もできません。他にも《ダーク・アームド・ドラゴン》の特殊召喚は許してしまうものの効果の発動を阻止できます。《ネクロ・ガードナー》も自身を除外できないので効果を発動することが出来ず、さらには《D.D.クロウ》も効果発動できないので墓地にある《森の番人グリーン・バブーン》を除外される心配はありません。
《森の番人グリーン・バブーン》は自身の効果で蘇生するため、《王家の眠る谷?ネクロバレー》の影響を受けることなく使えます。

■《不幸を告げる黒猫》《スキルドレイン》
自身の効果でデッキから罠カードをデッキトップに置け、《王家の眠る谷?ネクロバレー》発動中なら手札に加えられます。これで条件付きですが《スキルドレイン》を擬似6枚態勢ということです。
他にも《死のデッキ破壊ウイルス》をサーチでき、自身もコストの範囲内なので相性がいいです。
《スキルドレイン》は現環境で強力なメタカードの1枚です。相手の効果モンスターを効果を封じ、こちらのモンスターにはほとんど影響がありません。

■《魔宮の賄賂》
《大嵐》や《ハリケーン》などの魔法・罠除去対策。今の環境の中では《王家の眠る谷?ネクロバレー》《スキルドレイン》この2枚のカードを破壊されると、そのターンで決着をつけられかねないので採用。完成された場を相手の1ドローだけで守れるのがいいです。
守るだけなら《神の宣告》もありますが1000単位でライフが減る中、半分をコストに支払うのはリスクがあるので《魔宮の賄賂》の採用。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/170-45f37503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。