10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

墓守バブーン?提案編? 

昨日に引き続き【墓守バブーン】で。今日はサイドデッキの考察。

メインからある程度のメタを張れるこのデッキに要求されるサイドの構築内容は対【次元系】【ロック系】だと思われます。

【次元系】のキーカードである《閃光の追放者》は《スキルドレイン》で大丈夫ですが、問題は《次元の裂け目》と《マクロコスモス》この2枚のカードに対しては、メイン構築のままだとほぼ対抗できません。他にも除外ゾーンで効果が発動する《異次元の生還者》《異次元の偵察機》に対して《スキルドレイン》は効きませんね。
【ロック系】でも【ロックバーン】に代表される《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《デス・コアラ》《ステルスバード》に対しては《スキルドレイン》で大丈夫ですが、《波動キャノン》《停戦協定》の魔法・罠によるバーンや《平和の使者》《レベル制限B地区》《グラヴィティ・バインド?超重力の網?》などのロックカードもあまり対処できません。

【墓守バブーン】のサイド構築は上記2つのデッキを崩せる構築にする必要があると思います。
そこで、提案するサイド内容は
■《ツイスター》《砂塵の大竜巻》などの魔法・罠除去とその他微調整用のカードを含めた構築
■【ビースト】の要素を抜いて《神の宣告》など用いた【墓守パーミッション】へのスイッチ
■【次元系】要素を絡め、《魂を喰らう者 バズー》を投入し《異次元からの帰還》《D・D・R》などの帰還カードの採用
です。
現在は2つ目の案である【墓守パーミッション】へのスイッチにしてます。
12日に大会があるので、それまでには決めたい所。このデッキで出るかは未定ですけどね。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/172-014896a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。