05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

墓守バブーン?考察編?+α 

今日は【墓守バブーン】のサイドデッキの考察です。案1・2・3それぞれの考察をしましょう。
■案1:「《ツイスター》《砂塵の大竜巻》などの魔法・罠除去とその他微調整用のカードを含めた構築」について

この型にすると永続的な魔法・罠や伏せを多用するデッキタイプに強くなります。
採用圏内のカードは《ツイスター》《砂塵の大竜巻》に加え、《サンダー・ブレイク》や特殊な除去ですが《撲滅の使徒》でしょうか。
対【次元系】【ロック系】をイメージした構築ですが。【メタビート】【剣闘獣】などの罠を多用するデッキにも有効ですよね。後者2つの内【メタビート】では《神の宣告》《魔宮の賄賂》を破壊できれば安全に《王家の眠る谷?ネクロバレー》《スキルドレイン》が発動できますし、《強者の苦痛》《次元幽閉》を破壊できれば戦闘面において優位に立てると思います。【剣闘獣】戦においては厄介な《剣闘獣の戦車》《ゴッドバードアタック》も破壊することができます。現行でも活躍しているデッキですので、環境にあったサイド構築になるかと。

■案2:「【ビースト】の要素を抜いて《神の宣告》など用いた【墓守パーミッション】へのスイッチ」について

現在のサイドです。完全に墓地利用を捨て【墓守】の展開力、【パーミッション】の制圧力を兼ねた構築でしょうか。
対【次元系】においては墓地を利用する事がなくなったので、場のカードを使って戦うだけです。【ロック系】戦においては、すでに発動している《平和の使者》《レベル制限B地区》《グラヴィティ・バインド?超重力の網?》を破壊する手段は変更前と変わりませんが、新たに発動するこれ等のカードを止めることはできます。しかし、大抵の【ロック系】は先のカードを守るために《神の宣告》《魔宮の賄賂》を投入していることがほとんどです。結果、【ロック系】戦では変更前よりも戦いやすいだけで完全に優位に立てるわけではありません。
対【アンデシンクロ】戦では、相手の魔法・罠除去さえとめてしまえば墓地の利用を防ぐことができ、単純な殴り合いになると思います。しかし、その場合に危惧される事は《ゴヨウ・ガーディアン》等の高火力モンスターの特殊召喚。これ等のモンスターは除去カードで対抗しましょう。オススメは《強制脱出装置》などのフリーチェーン罠。自分のモンスターにも対応している部分も評価:大です。

■案3:「【次元系】要素を絡め、《魂の喰らう者 バズー》を投入し《異次元からの帰還》《D・D・R》などの帰還カードの採用」について

この3つの案の中でもっとも特殊な型になると思います・・・が、しかし、特殊な型だからこそ相手の意表をついた戦術になると思います。主な採用カードは《魂の喰らう者 バズー》《異次元からの帰還》《D・D・R》などですが、採用するカードの種類が少ないため空いた枠に色々なカードを使えます。《魂の喰らう者 バズー》は星4獣族のなかでも効果発動で攻撃力を2500まで上昇させることが出来るので相手の場が完成する前に倒すことを目標にした戦術になります。対【次元系】【ロック系】で比較的発動する機会が多い魔法・罠除去カードを一緒に採用することで墓地にカードを溜めやすく、【次元系】【ロック系】の重要カードに多い魔法・罠を割りながら戦うことができます。《D・D・R》を採用する場合は《アームズ・ホール》を採用することでさらなる墓地肥やしができる上、《団結の力》などの火力アップカードも採用できます。《レインボー・ヴェール》も無理なく採用でき、《デス・コアラ》や《魂を削る死霊》《マシュマロン》といったモンスターとも問題なく戦闘できます。

大体こんな感じでしょうか。他にも有効なサイド構築があると思いますが、私の考えは上の通りです。

ここからは+αです。
少し前から【雲魔物】に興味があり、デッキを組んでみようかと。きっかけは「効果音に定評のあるデュエル」でお馴染みのふるめたさんです。あの人はすごいですよね、【雲魔物】と咲夜さん対する愛もそうですが、現行を【雲魔物】で生き残るための努力が図り知れません。結果作り上げられた【蒼爪?ミスト・ファング】はトップデッキに対抗する術である「特殊召喚封じ」「罠封じ」を取り入れ、自分への影響を極力少なくするためのカードの採用、このデッキの構築には脱帽です。いつか会う機会がありましたら戦ってみたいですね。「効果音が北の大地に乗り込んだ(冬) その2」で話されていた、自分の《王宮のお触れ》発動中に相手の特殊召喚にチェーン1で《王宮の弾圧》を発動、チェーン2《霞の谷の雷神鬼》の効果で《王宮のお触れ》をバウンスするコンボはすごいですよね。《霞の谷の雷神鬼》のシンクロ召喚のために《霞の谷のファルコン》を採用されており、このカード自身も同デッキに入っているカードと相性が非常にいい。ふるめたさん、さすがです。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

コメント

No title

毎回、雑談デュエル見させて頂いています。デッキ構築のうまいぽけりすさんのデッキレシピは、とても参考になります。これからも、応援していますので、頑張って下さい。

URL | ケイ #-

2009/01/09 21:50 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/173-108cf804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。