05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

新しきZeroの道へ 

まったく新しい発想というわけではありませんが、新しいZeroを考えてました。
【ジェネクスZero】、このデッキで数々の相手と戦い、その度に勝利してきました。
しかし、こいつに最大の敵が現れました。そう、《大天使クリスティア》です。
やつが場にいるだけでZeroの召喚は封じられ、ガイウスで除去しようにも生け贄を用意できない。倒す手段と言えば《激流葬》《死のデッキ破壊ウィルス》くらいです。サイドから《クロス・ソウル》等でなんとでも出来ますが、サイドからでは遅い。
そこで生まれたのが新しいZero。今度のデッキは《オネスト》を取り込んだ戦闘にも対応しているZeroデッキでしょうか。
エアー、オーシャンの使用は以前の【ジェネクスZero】と変わりませんが、アナザーの枚数を増やし、ウンディーネの代わりに《E・HERO プリズマー》を採用。2枚とも《オネスト》に対応していて戦闘能力も低くありません。《ミラクル・フュージョン》で素材を除外することから《E・HERO ボルテック》での帰還も視野に入れることも可能。
光ビート+アブソルートZeroで【光Zero】と言ったところでしょうか。

とりあえず【プロトタイプ光Zero】
■モンスター16枚(上級2、下級14)
冥府の使者ゴーズ
E・HERO ネオス
E・HERO エアーマン
E・HERO キャプテン・ゴールド
E・HERO アナザー・ネオス
E・HERO アナザー・ネオス
E・HERO プリズマー
E・HERO プリズマー
E・HERO オーシャン
E・HERO オーシャン
E・HERO オーシャン
E・HERO ボルテック
オネスト
オネスト
オネスト
N・グラン・モール

■魔法18枚
E?エマージェンシーコール
E?エマージェンシーコール
E?エマージェンシーコール
O?オーバーソウル
O?オーバーソウル
大嵐
サイクロン
死者蘇生
収縮
収縮
収縮
月の書
月の書
摩天楼 ?スカイスクレイパー?
ミラクル・フュージョン
ミラクル・フュージョン
ミラクル・フュージョン
ライトニング・ボルテックス

■罠6枚
激流葬
ヒーロー・ブラスト
ヒーロー・ブラスト
鳳翼の爆風
鳳翼の爆風
鳳翼の爆風

■エクストラ
E・HERO アブソルートZero
E・HERO アブソルートZero
E・HERO アブソルートZero
E・HERO ガイア
E・HERO グラン・ネオス
E・HERO ジ・アース

今はこんな感じになっています。
サイドから【スキドレネオス】【ヒーロービート】【オーシャンビート】と幅広い選択肢もあります。
次の大会はこれで出て見ようかな、やっぱり私にはHEROが一番合ってるような気がします。現行の強いデッキではなく”自分自身”と相性の良いデッキを使うのも重要な事でしょう。

話を変えて、
DT3やってきました今日は運がいい、5回で《ナチュル・ビースト》とご対面・・・。こっちみんなw
残りはビートル、リサーチャー、ターボ、No Entry!!でした。ビーストが出ればなんでもいっか。
【植物シンクロ】に《サイバー・ヴァリー》を入れてみようと思いました。コントロール奪取はかなりあるし、相手の高レベルモンスターを奪った時も問題なく対処できるのがいいですよね。

■ニコニコ
今回は2本分しか撮っていませんが、ちゃんと【植物シンクロ】も撮ってあります。
それにしても【氷結雲】は酷い結果でした・・・。こんなんじゃダメですよね。ふるめたさんと戦う事が出来る日がいつ来てもいいよう、早いうちに完成を目指しましょう。

> 名無しさん
【ジェネクスZero】にダムドは十分相性がいいですよ。
トラゴ、ガイウス、ジェネコン、ヘルブラと闇属性がたくさんいますからね。
ただ、緊テレは入れない方がいいと思います。シンクロしやすくはなると思いますが、デッキの枚数が多くなりそうです。
しかし【ジェネクスZero】にも苦手な相手が出来てしまいましたね・・・。クリスティアめ、こいつ強すぎだろ・・・。

> SUNSINさん
まったくその通りです。
ドゥローレンが出せなければ、お触れ弾圧を有効に使えず、ドゥローレンを出すときに上手く自分で防げるか、ここが【氷結雲】の注意すべき部分ですね。
しかし、今回の大会で【氷結雲】の決定的な弱点が見つかりました。次の撮影に間に合うかは分かりませんが、良い形に出来るよう頑張ります。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/194-0b3851cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。