08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

新制限 

新制限が判明しましたね。【ジェネクスZero】は《闇の誘惑》以外関係ないのでほとんど痛手じゃないです。
【光Zero】は《増援》が直撃ですが・・・。
【アンデシンクロ】終了のお知らせ。
□禁止
無し

□制限
カオス・ソーサラー 剣闘獣ベストロウリィ ゴヨウ・ガーディアン
ゾンビキャリア ダークアームドドラゴン 氷結界の龍 ブリューナク
馬頭鬼 緊急テレポート 生還の宝札 増援

□準制限
ゴブリンゾンビ D?HERO ディアボリックガイ 風帝ライザー
森の番人グリーン・バブーン デステニー・ドロー 封印の黄金櫃 闇の誘惑
血の代償 マインドクラッシュ

□制限解除
暗黒のマンティコア ドル・ドラ ファントム・オブ・カオス 月の書 抹殺の使徒

らしいですね。21日に自分自身で確認するまでは確実とは言えませんが、信用してもよさようです。
《カオス・ソーサラー》は【ライトロード】に入れても難なく使えそうですね。
個人的には今回の制限改訂はほぼ納得ですね、《大寒波》などが規制されなかったのが心残りですが・・・。
帰ってきてくれディスクガイ・・・。《融合解除》で蘇生したいんだよ・・・。

>enderさん
私で良ければどうぞお気軽に。
ただ、私も勉強中の身ですので的確なアドバイスができるかどうか分かりませんが、それでも良ければ。
場所はどうしましょう?
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 7  /  △top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2009/02/17 21:48 * edit *

Re: No title

enderさんが良ければ私はここでも構いませんよ。(^^

URL | ぽけりす #-

2009/02/17 21:51 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2009/02/17 22:23 * edit *

Re: No title

私の意見ですが

1、シンクロ型にするにはモンスターが少し足りないようなイメージです。「墓地のモンスターを蘇生した後、シンクロする」という場合にもロンファや未来融合を引かない限り墓地にモンスターを用意することが難しいと思います。
「植物のシンクロ型」にする場合は豊富な蘇生手段を活かせる《ダンディライオン》《おろかな埋葬》の採用、もしくは「コントロール奪取」である《精神操作》《薔薇の刻印》のサポートも必要かと思います。
これらの事からシンクロ型にするよりも展開型を維持した方が個人的にはいいと思いますよ。そっちの方がオジリナリティ溢れるデッキで面白そうですし。
しかし、「シンクロ型に出来ない」というわけではないのでシンクロ型にする場合は「どうやってシンクロするのか?」「その方法でシンクロするのに必要なサポートはなにか?」としっかり考える必要があると思います。
《生還の宝札》は制限でになるのであれば入れる必要はないと思います。今までは準制限でしたので入れる価値はありましたが、制限になれば序盤で引く確率が落ち、勝負の後半で引いた時などに困ると思います。《大嵐》《サイクロン》などの制限カードはそれ1枚でも使えるカードですが、《生還の宝札》は他のカードと組み合わせて初めて効果を発揮するコンボカードです。コンボのキーカードを、他のカードを消費した後半で引けば邪魔になるだけなのは必至。なので《生還の宝札》は抜いてもいいと思います。

2、展開型でどう頑張るかという質問ですが、今回の制限改訂で忘れてはいけないデュアルのお供である《血の代償》の緩和。これで《炎妖蝶ウィルプス》を召喚ターンにデュアル出来ますし、このデッキだと他には《N・グラン・モール》と相性がいいですよね。モグラで召喚権を潰してもLPを500払うだけで直接攻撃できる場面が増えるのは勝利のチャンスにも繋がると思います。
1の回答にも出てきた《ダンディライオン》《おろかな埋葬》は展開型でも相性がいいんじゃないかと。今の構築ですと《ギガプラント》を落とす手段が未来融合しかありませんよね。ここに《おろかな埋葬》を入れることで墓地肥やしの手段が増やせますし、ティタを落として蘇生ってこともできます。
《ダンディライオン》は《おろかな埋葬》で落とせばトークンが生成できるのはご存知でしょうが、そのトークンをロンファの効果でリリースしてデッキから《ウィード》でもサーチすればロンファ星3+ウィード星2+トークン星1で簡単に星6のシンクロモンスターになれます。他にもデブリで蘇生しても効果は発動しますし、デブリで蘇生シンクロして黒薔薇召喚後、強制効果であるダンディの効果にチェーンする形で黒薔薇の全体破壊をチェーンさせれば自分の場にのみ綿毛トークンが残りますし、使い勝手はいいかと。

1・2の回答とは別に、シンクロ型・展開型を分けるよりかは「展開力を活かしたシンクロ可能な展開型」でも難なく構築可能だと思います。《ウィード》《コピー・プラント》を少し増やしてやれば、ウィルプスの効果でギガプラ召喚後に効果で上記のモンスターを召喚すれば簡単に星7、8シンクロにもなれますし。そうすれば自分で素材を用意できる分《精神操作》《薔薇の刻印》を使わずにシンクロできると思います。
それと、今のままで十分回るなら問題ないと思いますが「下級モンスターの数が少ないかな」と感じたので14~5枚まで増やしてみてはどうでしょう?

以上が私がこのデッキに感じた意見をまとめたものです。
長い文章を書いていて途中何を言いたいか読み取れない部分もあるかも知れませんので、疑問に感じたらその部分を聞きなおしてもらえれば幸いです。

URL | ぽけりす #-

2009/02/17 23:48 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2009/02/18 12:52 * edit *

No title

カオス・ソーサラーはちょっとって感じました
あと、闇の誘惑をせっかく三枚そろえたのに規制されて残念です。

URL | tekke #-

2009/02/18 13:47 * edit *

Re: No title

やはり《おろかな埋葬》は2枚入れるべきだと思います。《生還の宝札》と同じ理由ですね。
勝負の後半で~~なんちゃらの部分です。

《スペシャル・デュアル・サモン》《フォース・リリース》は《血の代償》を入れるのであれば、《スペシャル・デュアル・サモン》を抜いて《フォース・リリース》《血の代償》を2枚ずつでいいかと。
《スペシャル・デュアル・サモン》は「1枚」しか対象にとれず、デメリットは「バウンス」。対して《フォース・リリース》は「発動時にいた自分の場のデュアル」全てに適応でき、デメリットは「セット」。もし、なんらかの効果で上記の効果を適応した「デュアル」が効果を使えないままエンドフェイズを迎えてしまった場合を考え、自分の場が「がら空き」になるのと「守備表示の壁になる」のとではどっちがいいのか?と考えれば大抵は後者でしょう。ですので私は《スペシャル・デュアル・サモン》を抜いて、その空きに《血の代償》を採用する形でいいと思います。

URL | ぽけりす #-

2009/02/18 22:26 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/209-cfaf9590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。