08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【氷結Zero】完成に向けて 

昨日の記事があまりにも薄かったと言うか、ないに等しかったので、今日は大真面目な考察。

【氷結Zero】ですが、ガチ構成を求める上でドゥローレンは抜いた構築にしようと思います。
理由は簡単、「グングニールの方が出しやすい上に効果が強い」からです。ドゥローレンは自分のカードを使い回せますが、相手の場に変動はないです。しかし、グングニールはデブリ+沼地で簡単に出すことができ、相手の場の破壊が可能。
ドゥローレンはグラヴィ等で面白い戦い方が出来るのですが、大嵐等の魔法・罠全体に影響するカード、黒薔薇等の出しやすいリセットカードの存在からこれ等を使うトップデッキに対して強いカードとは言いにくいのが事実。
例として、場にカードを残しながら戦うドゥローレンと、相手の場を壊しながら戦うグングニール、お互いが戦うことになったらどうなるでしょう。
答えは簡単、グングニールの方が強いですね。場にカードを残す戦い方はどうにも受け身がちになってしまい出遅れてしまうことが多いのが事実。

仮にドゥローレンの方を先攻で出し、場にカード残してエンドしたとします。そこにグングニールが出てくればドゥローレンの場は破壊され、その後も戻すはずのカードがないのでアドバンテージも少ないでしょう。

では、グングニールが先攻の場合。こちらは後出しのドゥローレンがカードを戻して攻撃力を上げグングニールを撃破、という流れも可能でしょうがそのためには同ターンで発動可能な永続的な魔法が必要です。永続罠はターンを置かなければ発動できません。

以上のことから受け身のデッキは遅いんですよね。
分かりやすく言えば、受け身デッキに代表される【メタビート】も全ての攻撃に耐えられるわけでもなく、前環境のトップデッキが【アンデシンクロ】≧【メタビート】という結果にも見てとれます。
まぁ、一概にこうとは言えないと思いますが・・・。

ということでドゥローレンは【氷結雲】で活躍してもらい、【氷結Zero】ではグングニールを使おうと思ったしだいです。

ここからZeroとグングニールの相性について

まず最初に、グングニールのシンクロ条件である
「チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上」
この条件はZeroの融合条件である「HERO+水属性モンスター」と似ているので素材の用意がしやすい。加えて、《融合》をデッキからサーチできる《沼地の魔神王》は攻撃力500と《デブリ・ドラゴン》で釣ることが可能。さらに、自身が水属性・攻撃力1500以下ということなので《サルベージ》で回収することで《氷結界の龍 グングニール》の手札コストも用意しやすい。《サルベージ》の対象には《E・HERO オーシャン》など他のカードもあるので使い所が多いことも採用しやすい理由のひとつ。

まず使うモンスターについて、最初にデッキの核となるモンスターから
《E・HERO エアーマン》《E・HERO オーシャン》
《ジェネクス・ウンディーネ》《ジェネクス・コントローラー》
《デブリ・ドラゴン》《沼地の魔神王》
をデッキの核に考察を。なお、ここからカード名を略します。

エアーはHEROデッキに必須のカードであり、こいつと融合が手札にあればZeroの召喚も容易。攻撃力も高めで戦線に立てるモンスターでもあります。

ウンディーネは、効果コストでオーシャンを落とし《ミラクル・フュージョン》を使うことでZeroの召喚が可能。サーチしたジェネコンとオーシャンのシンクロでグングニールを出すことも可能。

沼地は融合をサーチ、自身も水属性でありZeroの正規の融合素材。デブリで釣ることでグングニールのシンクロ召喚が可能。
デブリは守備力も2000と高く対【メタビート】時に壁としても使えます。

上記のカードは墓地肥やしに長け、《サルベージ》《貪欲な壺》と相性も良い。グングニールを使う上で危惧される手札コスト、これを補いながら《貪欲な壺》でZero、グングニールでさらに素材も回収することで使い回しも可能。


こんな感じでデッキを組んでみようと思います。
まだ組む前の段階なので薄い内容ですが、これから少しずつ補強していこうかと。

>tekkeさん
猫関連はこれからもっと値が上がるのか・・・。集めるなら早い段階がいいでしょうね。
ですが猫と言っても、猫剣闘ならナチュビは集めなくても良さそうですね^^
猫の形はひとつじゃないですし、他のデッキと組み合わせてみるのもいいかもしれません。

>山猫さん
たしかに【アンデシンクロ】は今回の制限改訂で終わりましたが、ゾンマスがいればシンクロ面はまだまだいけるでしょうね。
サモプリは無制限でも問題ないと思うんですけどね。ただ、その先のモンスターが強すぎて悪用されてますが・・・。こいつも今回の《デステニー・ドロー》のようなとばっちりを受けたカードでしょう。

ゲドンはもちろん《オキシゲドン》ではなく《ハイドロゲドン》ですよ^^;
いつもゲドンと略して呼んでたので癖でそのまま書いてしまいました。
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

コメント

No title

ミラクル・フュージョンと貪欲な壺は相性が悪いのでは

URL | かぴるす #-

2009/03/21 01:59 * edit *

No title

グングニールのデッキ
早く見てみたいです

ですが問題はグングニールがあたるか
どうかですよね^^
ブログの記事を見ていると
ターミナルの運が悪いそうで
根気強く頑張ってください^^

URL | tekke #-

2009/03/21 10:41 * edit *

No title

何か、物凄く理解できる内容だ。
確かにドゥローレンは面白い使い方出来る。
でも、デブリは星4つと思うと使いにくいですね。
それにドゥローレンはサイドラで八つ裂きにされてしまうという点w

ミラクルフュージョンと貪欲な壺は相性悪いですが・・・・使い方によったら武器になりますよね。
デブリとかはミラクルフュージョンで融合出来ないし・・。

サモプリ準制限はまだ分かる気もしなくもないですけど、デステニードローがイマイチ理解出来ないですw

URL | 山猫 #f1nWyEjg

2009/03/21 14:05 * edit *

No title

突然のコメント失礼いたします。

スタンzero、氷結zeroのデッキすごく興味があるのでぜひ参考にさせてください。

よろしくお願いいたします。

URL | マイスター #p5viccLg

2009/03/21 22:45 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/243-9ff592a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。