10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

アクアZero 

【アクアZero】最終更新 09/6/7

《コンバート・コンタクト》で《N・アクア・ドルフィン》を墓地に落としつつHEROを場に出し、後の《E・HERO アブソルートZero》に繋げる。《終末の騎士》→《クロス・ポーター》→Nサーチで手札を減らさないことで《トラゴエディア》の攻撃力を高いままに。
コンタクト融合後《ミラクル・フュージョン》で除外し《E・HERO ボルテック》で帰還を狙うトリッキーな動きも可。
HEROに《E・HERO プリズマー》を採用し、墓地肥やしや《サイバー・ドラゴン》の名前をコピーし相手の機械族を使った《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の特殊召喚も視野に。
《N・アクア・ドルフィン》は《E・HERO アブソルートZero》と並べて効果を使うことで攻撃力3000以下のモンスターを墓地に送れ、単体で《レスキュー・キャット》《D.D.クロウ》《ライトロード・ハンター ライコウ》を落とすこも可能。

■モンスター24枚(上級8、下級16)
トラゴエディア
トラゴエディア
トラゴエディア
ダーク・アームド・ドラゴン
冥府の使者ゴーズ
E・HERO ネオス
カオス・ソーサラー
サイバー・ドラゴン
E・HERO アナザー・ネオス
E・HERO エアーマン
E・HERO プリズマー
E・HERO ボルテック
終末の騎士
終末の騎士
終末の騎士
クリッター
N・ブラック・パンサー
N・グラン・モール
N・アクア・ドルフィン
N・アクア・ドルフィン
N・アクア・ドルフィン
クロス・ポーター
クロス・ポーター
ゾンビキャリア

■魔法12枚
大嵐
コンバート・コンタクト
コンバート・コンタクト
コンバート・コンタクト
サイクロン
死者蘇生
増援
貪欲な壺
貪欲な壺
ミラクル・フュージョン
ミラクル・フュージョン
ミラクル・フュージョン

■罠4枚
激流葬
死のデッキ破壊ウイルス
聖なるバリア?ミラーフォース?
ダスト・シュート

■《トラゴエディア》《冥府の使者ゴーズ》
対【猫シンクロ】【ライトロード】【BF】時の総攻撃対策。
《終末の騎士》→《クロス・ポーター》→Nサーチでモンスターを場に出しつつ、手札を減らさないので相性がいい。

■《E・HERO プリズマー》
普段は《N・アクア・ドルフィン》を墓地に落とすために使うが、相手が機械族を出したままにした場合などには《サイバー・ドラゴン》を墓地に落とし、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の特殊召喚も可能。

■《終末の騎士》《クロス・ポーター》《ゾンビキャリア》
《終末の騎士》はデッキの主戦力にあたるカード。
《クロス・ポーター》を墓地に送ることでNをサーチし、手札を減らさないことで《トラゴエディア》に貢献。
状況によって落とすカードを分け、《ゾンビキャリア》を落とすことで速攻シンクロを狙う。

■《N・アクア・ドルフィン》《コンバート・コンタクト》
このデッキのエンジン部分にあたるカード。
《N・アクア・ドルフィン》は《E・HERO アブソルートZero》と並べて効果を使うことで攻撃力3000以下のモンスターを墓地に送れ、単体で《レスキュー・キャット》《D.D.クロウ》《ライトロード・ハンター ライコウ》を落とすこも可能。
また、手札の《E・HERO ネオス》や《ゾンビキャリア》を捨てて、後に繋げたりすることも可能。

■《貪欲な壺》
《ミラクル・フュージョン》等の除外カードは多いものの、墓地が肥えるスピードの方がはるかにそれを凌ぐため。
《トラゴエディア》の攻撃力上昇にも貢献。
デッキ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/320-63f6ac3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。