07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Pocket Room

  // 

このブログは私ぽけりすが遊戯王OCGを語るために開設したブログです。その環境のトップデッキを使うのではなく、そのデッキに対抗できるデッキを考案・構築していきます。ってのがブログ開始当初の目標だったけど・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

もしかしたら 

昨日で提出用プログラムも完成し、今日は久々にカードいじってました。
なんとなく【デュアルZero】について考えてたのですが、”もしかしたら”作れる”かも”しれないです。
今までは「遠くからデッキ構想の全体を見ている」感じで考えてたのですが、今日は「デュアルの必要性」「Zeroの存在」を常に考えながら、「小さな枠を少しづつ大きくする」感じで考えました。(伝わってるかな?)

まず「デュアルの必要性」として《スーペルヴィス》の存在。こいつの強さは言うまでもないですよね。
そこに《エヴォルテクター シュバリエ》も採用。スーペルはアナザーに使うよりもこいつに使った方が有益ですし、制限カードではありますが《増援》対応がマッチしているので○。

ん?、うまく説明できてない気がします。

最初からフローチャート的な感じで書くんで、それでわかってもらえれば幸いです。

1、「何をしたいのか」
まず「デュアルの必要性」として《エヴォルテクター シュバリエ》と《スーペルヴィス》を採用。
《スーペルヴィス》を《E・HERO アナザー・ネオス》だけに装備させるのも勿体ないと思い、打点・効果共に優秀な《エヴォルテクター シュバリエ》も採用。
 ↓↓
2、「何ができるのか」
《スーペルヴィス》の効果を発動しやすくするために《おろかな埋葬》も採用。対象用に《E・HERO ネオス》を用意、同時にサーチ手段の少ない《エヴォルテクター シュバリエ》を墓地に落としたり。
蘇生手段が多めに入ってるから《生還の宝札》を採用。
《E・HERO ネオス》を落とす手段を増やすために《E・HERO プリズマー》を採用。
《E・HERO プリズマー》《スーペルヴィス》と《E・HERO ネオス》の名前を場に出しやすいことを考え、《ラス・オブ・ネオス》を1枚。
 ↓↓
3、「さらなるシナジーを求めて」
《E・HERO アブソルートZero》を出すことができ、使い用によっては《エヴォルテクター シュバリエ》を落とせる《未来融合?フューチャー・フュージョン》を。
《E・HERO アブソルートZero》の素材であり、《E・HERO プリズマー》で落とせる《E・HERO オーシャン》も採用。
「E・HERO」を多く採用することから、《E・HERO エアーマン》《E?エマージェンシーコール》も無駄なく。

今はここまでしか作ってません。
今後は融合手段・他のシナジーを考えて【デュアルZero】を完成まで進めていきますわ。

>もりーさん
サイド虚無は以前使ってたんですが、自分へ被害が大きすぎたのでハズしました^^;
それに今は月書、オネスト、カルート、奈落が溢れる環境なんでちょっと尻込み・・・。

>モイパスさん
サンダー・ブレイクは手札コストが確保しやすいデッキに入れてます。
【光Zero】だとオーシャン、ヒロブラ等で確保しやすいからですね。

サンブレを採用する点は魔法・罠に対応してるからかな^^
遊戯王  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

コメント

No title

選考会2009はダークアンデとロック型の猫か~
アンデはまだ不滅とな・・・・。
今回は応援したいと思いました。
なぜなら、ロック猫にはスカラベの大群が入ってるので。
前から回ってる情報に今更気づく俺乙(ぁ
東は7月4日。
こっちは個性無しのガッチガッチだったりして。

デュアルzero頑張ってください。
完成待っております。

URL | 山猫 #f1nWyEjg

2009/06/28 16:21 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://pokelis.blog8.fc2.com/tb.php/336-1233e051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。